STAFF BLOG STAFF BLOG

京都駅八条口: 2017年7月

宵山☆

こんにちは

相鉄フレッサイン京都駅八条口でございます

7月15.16日に宵々山・宵山行われました!



Hello, Dear.

This is From Sotestu Fresa Inn Kyoto-eki Hachijo-guchi.

'Yoiyiyama' and 'Yoiyama' were taken places on 15th and 16th of July.


祇園祭り写真1.jpg

立派な山鉾ですね~!

この二日間は多くの人で京都が賑わい

たくさんの方が祇園祭を堪能されていらっしゃいました。

四条烏丸は祇園祭一色です(^^♪

Look at the 'Yamaboko' which looks great.

In this two days, so many people seems enjoying 'Gion festivals'.

Shijo-karasuma has atmosphere of festivals.




相鉄フレッサイン四条烏丸の目の前も

屋台でにぎわっていましたよ

In front of 'Sotestu fresa Inn Shijo Karasuma', there were a lot of food stand.



祇園祭り写真2.jpg

祇園祭写真3(顔消した).jpg

祇園祭写真4.jpg

たくさんの屋台がある中でスタッフが

目に付けたのは お肉 (^◇^) 

Among a lot of food stand, our hotel staff found delicious meets.

祇園祭写真5.jpg

ん~おいしそうですね!

宵々山宵山を楽しまれた方も、

今年は行けなかった...という方も、

是非来年の祇園祭も楽しんでくださいませ ☆

スタッフ一同、京都でお待ちしております。

That looks good. Let's have a fun in 'Gion Festival' again next year even if you have gone there already or you have not. We are looking forward to seeing you in Kyoto.

フロント*寺田 山本

Front* Terada and Yamamoto

こんにちは。

相鉄フレッサイン京都駅八条口でございます。

とうとう七月になりました ☆彡

祇園祭始まっております!

Hello. This is Sostetsu fresa inn Kyoto-station, Hachijo exit.

July has finally came! That's mean, Gion festival has begun as well :)



過去、二度に渡って、祇園祭について

お伝えしてきました。

そんな祇園祭について今回も色々お話させて頂きますね~

So, last two times, we talked about Gion Festival and at this time also we are going to share some story from Gion festival.



祇園祭は七月の一か月間行われますが、

前祭(さきまつり)と後祭がございます。

前祭には、14日~16日の宵山行事と17日の山鉾巡行が。

後祭は、宵山行事の21日~23日と、24日に山鉾巡行が

含まれます。

Gion festival will held throughout July.

It has 'Saki-matsuri' and 'Ato-Matsuri'.

'Saki-maturi' has the events of 'Yoiyama' that is on 14th-16th. And on the date of 17th. It has 'Yamaboko-Jyunkou'. Further, 'Ato-maturi' has the event of 'Yoiyama' on 21st-23rd and on the date of 24th has 'Yamaboko-jyunko' also.



では、前祭・後祭とは...

祭礼の中心は、神輿が四条寺町の御旅所に渡御する

7月17日の神幸祭と、

御旅所から八坂神社に戻る7月24日の還幸祭で、

この両日は朝から山鉾が巡行し、

それぞれを前祭、後祭というのです (`・ω・´)ゞ

We would to explain 'Saki-matsuri' and 'Ato-Matsuri'.



今回は、そんな祇園祭の色んな楽しみ方を、伝えていきますね ♪

There is some way to enjoy Gion-Festival so we want to tell you about it.




おすすめの楽しみ方としては・・・

宵山の期間中に、山鉾町内の個人宅や商店では

秘蔵の屏風などの美術品を飾り、祭を盛り上げます。

これを「屏風祭」といい、華やかな屏風を

見ることが出来ます (*^^)v

During 'Yoiyama', Festivals are fascinated by people who lives in Yamaboko-town. They decollate Art-work such as 'Byo-bu'( Folding screen) at their house and shops that is called 'Byo-bu sai'. You can see gorgeous folding screen there.



また、前々回でお伝えした山鉾巡行の見所についても

お伝えいたしますね~!

And we would like to share the highlight of 'Yamaboko-jyunko'.



まず、山鉾建てが行われます。

その固定方法は荒縄による縄絡みと呼ばれる

伝統的な技法で行われます ♪

これは釘を使わない事で有名です。

At first, 'Yamaboko-tate' has carried out. It is made by traditional method, straw rope. This is famous that they do not use nail.


junko2012-01.jpg




また、各山鉾町の寄り合い所は、会所と呼ばれ

宵山の間、山鉾を飾る豪華な装飾品などが

美しく飾りつけられます。

ですので会所巡りをすると

山鉾の装飾品を間近で見て楽しむことができますよ☆

Every 'Yamoboko-town' has assembly, called 'Kaisyo'.

You can see gorgeous decoration during 'Yoiyama' so that visiting 'Kaisyo' is great for people who want to see them closely.

山鉾巡行はこの3つが見所です!

奉行役の京都市長が山鉾の巡行順を確認する「くじ改め」

長刀鉾に乗った稚児が四条麩屋町でしめ縄を切る「しめ縄切り」

迫力満点の交差点で方向転換をする「辻廻し」

見逃せませんね (*'ω'*)

This three places are highlight of 'Yamaboko-jyunko'

1.'Kuji-Aratame'

2.'Shimenawa-Kiri'

3.'Tsuji-Mawasi'



そして、山鉾の組み立てが完成すると

町内を試し曳き・試し舁きをします。

この時は、参加自由ですので、誰でも参加可能です!

ちなみに、曳き初め・舁き初めの綱を引くと、

一年間の厄除けになると言われてるんです~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

When 'Yamaboko-tate' is completed, it will be tried either it works or not. It is called 'Tameshi-biki'. Everyone can join at this time so if you have interest, why do not you participate? It is told that people who pull a rope of 'Tameshi-biki', you will have lucky for a year.



その他、有料ですが、鉾や曳山では、

上れる山鉾もあります。

山鉾に上ると、普段は見られない

格別の景色が見られそうですね~!

In addition, you can enter to the top of 'Yamaboko' if you pay entrance fee.

When you go up there, you may able to see the exceptional scenery.



合計33の山鉾は全て装飾が違い、一つ一つに個性があります。

また、鉾のてっぺんに飾る

鉾頭は、長刀、菊など各鉾に関連した形なので違いを

一つ一つ見ていくのも楽しいですよ

と、このように

山鉾にはたくさんの見所があるんですね~( ..)φメモメモ

The total number of 'Yamaboko' is 33 and every decollation is different. Each 'Yamaboko' has great originality. Therefore, it may be enjoyable seeing the difference such as 'Naginata' and 'Kiku' on the top of 'Hoko'.  From these information, 'Yamaboko' has so many attractive points.



ところで、皆さま、ご朱印帳はお持ちでしょうか?

近年、流行しており、

私の知り合いにもご朱印集めをしてる人たくさんいますよ~~!

実は、祇園祭の各山鉾町でも貰えるんです Σ(・ω・ノ)ノ!

しかも!

前祭・後祭それぞれの宵山期間中のみ頂ける限定のご朱印なんです!

山鉾巡りをしながら、ご朱印集めをすると

一層祇園祭を楽しめそうですね ☆彡

By the way, do you have the book for Goshuin?

These days, it is getting popular so our acquaintances start collecting 'Goshuin'.

To tell the truth, you can get 'Goshuin' in each 'Yamaboko-town'. This stamp is only available in 'Saki-matsuri' and 'Ato-matsuri'. Visiting 'Yamaboko' with collecting 'Goshuin' must be fun.



また、祇園祭には名物がございます

それは・・・粽(ちまき) です!



gahag-0065778486.png

粽と言っても、祇園祭の粽は食べ物ではございません。

笹の葉で作られた疫病・災難除けのお守りです。

毎年、祇園祭の時にだけ、各山鉾町の会所などで販売され

京都ではこの粽を一年間、玄関先に飾ります \(゜ロ\)(/ロ゜)/

また、通常の厄除けのほか

由来に合わせたいろいろなご利益があるので、

自分に合ったご利益を探しに山鉾巡りに

行ってみてはいかがでしょうか ヾ(≧▽≦)ノ

Gion-Festival's speciality is 'Chimaki'(Cake wrapped in bamboo leaves)

Chimaki of Gion festival is not food. It is a good-luck charm which is made by bamboo leaves. Every year, it is sold in each 'Yamaboko-town' and it is decollated at the front door.




と、三回に渡って、祇園祭の魅力について

ご案内させて頂きました~~★★★

祇園祭の魅力、十分にお伝え出来ましたでしょうか?

一年に一度しかない特別な祇園祭。

受け継がれていった山鉾や、伝統から

千百年の歴史を感じながら

皆さまが楽しんでいただければ幸いです。

In the past three times, we talked about the fascinate view of 'Gion Festival'.

This is one special occasion happened in once a year. We will be pleasure if you will be enjoying from feeling 1000years of history and this tradition.



ここまで読んで下さりありがとうございました!

祇園祭以外にもブログの更新はしていきますので

また次回も宜しくお願い致します !(^^)!

Thank you so much for reading this blog. Not only introducing Gion Festival, but also we do upload this blog more in nearest future. See you. Have a wonderful day.



画像の引用はこちら→http://photo53.com/gionmatsuri-junko.php



フロントスタッフ 寺田・山本

Front: Terada and Yamamoto

HOTEL
TOP