STAFF BLOG STAFF BLOG

京都駅八条口: 2017年9月

みなさまこんにちは。

そろそろ夏も終わりに近づいて参りました。毎年のことですがこの時期は体調を壊してしまいます。

今年も例にもれず高熱を出してしまいましたが、皆様におかれましてはどうぞご自愛ください。

さて、今回ご紹介致しますのは奈良県の吉野山でございます。

「毎回毎回京都以外のスポットばかり紹介してからに!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この吉野という土地は京都にも縁が深い土地であります。

一番強いイメージといえば「吉野杉」かもしれません。

自分は吉野杉の酒樽につけられた日本酒が大好きなんでございます。かぐわしくて夢心地・・・

そんな吉野にはかつて南北朝時代に南朝が置かれた場所でもあります。

後醍醐天皇はどんな気持ちで最期を迎えたのでしょうか・・・その足跡を辿ってみたいと思います。


①駅に到着

IMG_3435.JPGいかがでしょう。駅から雰囲気満点ですね。

本当に静かな駅です。世俗に汚れた心を洗い流す、神聖な土地を見つけたような気分です。

駅からはロープウェイがあるということで実はそれに乗りに来たも同然だったのですがメンテナンスで使用不可!バスにのりメインストリート?に向かいます。


②蔵王堂(世界遺産)

IMG_0466.JPG

いとでかし!

とにかく大きいお堂です。こんな大きな木造建築があるのはやはり近畿圏ならではですね。

たどり着くまでの道のりが狭くきつかったのもあり達成感があります。

IMG_0461.JPGここが南朝の本拠地であったようですね。暑かったので長居できずさらに進みます。

何か展示とかあるのかな?と思いましたがお堂が奥にありました。


③吉水神社(世界遺産)

FullSizeRender (5).jpg神社の中にあるこの空間に後醍醐天皇はあらせられた、とそういう訳のようです。

その隣には源義経が隠れていた間があるとかで・・・一体ここはかつてどんな場所だったのでしょう。

是非ご自身の目でご覧になって頂きたい場所でございます。(写真撮影OKです)


④峠の茶屋

疲れたしおなかも空いたので坂道にある某お店へ・・・鮎定食を発見し狂喜しましたがふと外を見ると・・・

IMG_3431.JPG

ご覧あそばせ!どこまで行っても山!分け入っても分け入っても、そもそも分け入る気が起きないほどの青!もとい緑!美しいと思いませんか?

しかし後醍醐天皇の失意を思うとなんとも寂しい気持ちになりますね。

京の華やかさとは対照的な静かな土地。

歴史上では正義の人ではないかもしれませんが、この吉野山にはそんな後醍醐天皇が残した失意の念が今も残っているような寂しさを感じた次第です。

そんな吉野までは近鉄電車が便利です。時間はかかりますのでご注意を・・・。

京都市内観光は地下鉄とバス、ちょっと遠出は近鉄線、大阪はJR線と京阪線が便利です。

関西圏どこにいくにも便利な相鉄フレッサイン京都駅八条口のご予約は

こちら

HOTEL
TOP