STAFF BLOG STAFF BLOG

周辺イベント情報

いつも相鉄フレッサイン京都駅八条口のページをご覧いただきありがとうございます。
4月に入り、京都の桜のピークは過ぎて一部を除き満開はまた来年のお楽しみになりました。
皆さまの地域はいかがでしょうか?

先日当ホテルからも近い東寺の桜ライトアップに行ってきましたのでご紹介です。
高さ55メートル木造建造物では日本一の高さの五重塔と満開の桜のコラボは圧巻でした。
池に映った桜と五重塔の写真、綺麗じゃないですか!?これアイフォンです。

まだ全国的には以前のような日常が戻っていない中、毎年見事に咲いてくれる桜の姿がとても感慨深かったです。

東寺の夜桜ライトアップは4/18まで開催されてます。
また、紅葉時期もライトアップされますので今年の秋はみんなで気兼ねなく見れるといいですね!

◆真言宗総本山 東寺 【教王護国寺】
京都市南区九条町1番地
JR京都駅、当ホテルより徒歩15分

0409.jpg

こんにちは!相鉄フレッサイン京都駅八条口でございます。

京都は夏真っ盛り。といった感じで、

どこに行くのも汗だくです(´・ω・`)




今回ご紹介するのはココ、貴船神社でございます

Hello.

In Kyoto, It is like we are in the summer season so that everywhere we go, sweat comes out so quickly. This time we would like to share one of famous sightseeing spot in Kyoto called 'Kifune-Jinja'.

赤い灯篭と階段.JPG




貴船神社は水源の神がまつられており、

この季節は川床で美味しいご飯が食べられますよ~

中には流しそうめんが出来るお店もあるので、是非!

Kifune-Jinja, God of The root of water, has 'kawayuka' that is a type of restaurant balcony overlooking a river. This place is highly recommended. You can enjoy having Japanese summer style noodles there.



貴船神社の中宮は、縁結びの神様として慕われています。

中宮に祀られているイワナガ姫にはこーんなお話が。

ある日、ニニギノミコトはコノハナノサクヤ姫に一目ぼれ キュン//

In the Kifune-Jinja, It is said that there is God of marriage.

Therefore, you may see someone soon.



ちなみにニニギノミコトとは、

伊勢神宮に祀られる日本神話の最高神アマテラスの孫でございます

とにもかくも、そんな一目ぼれによりコノハナノサクヤ姫のお父様は

大喜びで、姉のイワナガ姫と共にニニギノミコトのもとへ

送り出します~~



しかーし、容姿端麗なコノハナノサクヤ姫と対象的に

イワナガの姫は醜女だったそう・・・

ニニギノミコトは吃驚(*_*)

イワナガ姫を実家に送り返しちゃいます

(一寸、それはどうなのよという感じですが...)



イワナガ姫はそれを大いに恥じて

(怒って良いよ。と思いませんか...)

「私、此処に留まって世の為人の為良縁を結び続けます」と。

なんて素敵な神様なんでしょうか...



平安時代にはかの有名な和泉式部が夫の心変わりに悩み

お詣りしたところ、ちゃあんと、恋の願いは聞き届けられたとか。



貴船神社には水にぬらすと文字が浮かび上がるおみくじもあります(^_-)-☆

Kifune-jinja has omikuji which makes characters emerge when it wet.


水占いの写真.JPG

そんな貴船神社、私は鞍馬寺を

ハイキングしたあとに行って参りました。

After hiking on 'Kurama-dera', I went to 'Kifune-Jinja'.

天狗の写真.JPG



鞍馬寺は源義経が修行し、

天狗に兵法を授かったという伝説がある

千二百年の歴史をもつお寺でございます。

'Kurama-dera' is told that it has 1200 years of history.



行ってみた感想としては、

軽いハイキングコースとして山登りしながら

自然豊かで、歴史を感じ、こんな山に社寺を建てるのはすごいなあと。

もう一度行きたくなりました☆

What I felt going there is as the hiking course was easy climbing the mountain, it is amazing to build temple with nourish of nature.



木の根っこ.JPG

この木の根っこ、ナマで見ると迫力ありましたよ~

The root of this tree looked so powerful.

皆さまも是非、鞍馬寺と貴船神社を堪能してください!



貴船神社への当ホテルからの行き方をご案内したいと思います。

最短で約52分、片道730円です。乗り換えが数回必要です。

地下鉄烏丸線 京都駅から国際会館駅(290円) 

徒歩1分で京都駅バス52、国際会館前から貴船口(280円) 

徒歩1分で京都駅バス33、貴船口前から貴船(160円) 

貴船で下車し徒歩5分

今後も京都のおすすめ観光地を紹介していきますのでまた次回☆彡

Thank you for reading and see you soon.

宵山☆

こんにちは

相鉄フレッサイン京都駅八条口でございます

7月15.16日に宵々山・宵山行われました!



Hello, Dear.

This is From Sotestu Fresa Inn Kyoto-eki Hachijo-guchi.

'Yoiyiyama' and 'Yoiyama' were taken places on 15th and 16th of July.


祇園祭り写真1.jpg

立派な山鉾ですね~!

この二日間は多くの人で京都が賑わい

たくさんの方が祇園祭を堪能されていらっしゃいました。

四条烏丸は祇園祭一色です(^^♪

Look at the 'Yamaboko' which looks great.

In this two days, so many people seems enjoying 'Gion festivals'.

Shijo-karasuma has atmosphere of festivals.




相鉄フレッサイン四条烏丸の目の前も

屋台でにぎわっていましたよ

In front of 'Sotestu fresa Inn Shijo Karasuma', there were a lot of food stand.



祇園祭り写真2.jpg

祇園祭写真3(顔消した).jpg

祇園祭写真4.jpg

たくさんの屋台がある中でスタッフが

目に付けたのは お肉 (^◇^) 

Among a lot of food stand, our hotel staff found delicious meets.

祇園祭写真5.jpg

ん~おいしそうですね!

宵々山宵山を楽しまれた方も、

今年は行けなかった...という方も、

是非来年の祇園祭も楽しんでくださいませ ☆

スタッフ一同、京都でお待ちしております。

That looks good. Let's have a fun in 'Gion Festival' again next year even if you have gone there already or you have not. We are looking forward to seeing you in Kyoto.

フロント*寺田 山本

Front* Terada and Yamamoto

こんにちは。

相鉄フレッサイン京都駅八条口でございます。

とうとう七月になりました ☆彡

祇園祭始まっております!

Hello. This is Sostetsu fresa inn Kyoto-station, Hachijo exit.

July has finally came! That's mean, Gion festival has begun as well :)



過去、二度に渡って、祇園祭について

お伝えしてきました。

そんな祇園祭について今回も色々お話させて頂きますね~

So, last two times, we talked about Gion Festival and at this time also we are going to share some story from Gion festival.



祇園祭は七月の一か月間行われますが、

前祭(さきまつり)と後祭がございます。

前祭には、14日~16日の宵山行事と17日の山鉾巡行が。

後祭は、宵山行事の21日~23日と、24日に山鉾巡行が

含まれます。

Gion festival will held throughout July.

It has 'Saki-matsuri' and 'Ato-Matsuri'.

'Saki-maturi' has the events of 'Yoiyama' that is on 14th-16th. And on the date of 17th. It has 'Yamaboko-Jyunkou'. Further, 'Ato-maturi' has the event of 'Yoiyama' on 21st-23rd and on the date of 24th has 'Yamaboko-jyunko' also.



では、前祭・後祭とは...

祭礼の中心は、神輿が四条寺町の御旅所に渡御する

7月17日の神幸祭と、

御旅所から八坂神社に戻る7月24日の還幸祭で、

この両日は朝から山鉾が巡行し、

それぞれを前祭、後祭というのです (`・ω・´)ゞ

We would to explain 'Saki-matsuri' and 'Ato-Matsuri'.



今回は、そんな祇園祭の色んな楽しみ方を、伝えていきますね ♪

There is some way to enjoy Gion-Festival so we want to tell you about it.




おすすめの楽しみ方としては・・・

宵山の期間中に、山鉾町内の個人宅や商店では

秘蔵の屏風などの美術品を飾り、祭を盛り上げます。

これを「屏風祭」といい、華やかな屏風を

見ることが出来ます (*^^)v

During 'Yoiyama', Festivals are fascinated by people who lives in Yamaboko-town. They decollate Art-work such as 'Byo-bu'( Folding screen) at their house and shops that is called 'Byo-bu sai'. You can see gorgeous folding screen there.



また、前々回でお伝えした山鉾巡行の見所についても

お伝えいたしますね~!

And we would like to share the highlight of 'Yamaboko-jyunko'.



まず、山鉾建てが行われます。

その固定方法は荒縄による縄絡みと呼ばれる

伝統的な技法で行われます ♪

これは釘を使わない事で有名です。

At first, 'Yamaboko-tate' has carried out. It is made by traditional method, straw rope. This is famous that they do not use nail.


junko2012-01.jpg




また、各山鉾町の寄り合い所は、会所と呼ばれ

宵山の間、山鉾を飾る豪華な装飾品などが

美しく飾りつけられます。

ですので会所巡りをすると

山鉾の装飾品を間近で見て楽しむことができますよ☆

Every 'Yamoboko-town' has assembly, called 'Kaisyo'.

You can see gorgeous decoration during 'Yoiyama' so that visiting 'Kaisyo' is great for people who want to see them closely.

山鉾巡行はこの3つが見所です!

奉行役の京都市長が山鉾の巡行順を確認する「くじ改め」

長刀鉾に乗った稚児が四条麩屋町でしめ縄を切る「しめ縄切り」

迫力満点の交差点で方向転換をする「辻廻し」

見逃せませんね (*'ω'*)

This three places are highlight of 'Yamaboko-jyunko'

1.'Kuji-Aratame'

2.'Shimenawa-Kiri'

3.'Tsuji-Mawasi'



そして、山鉾の組み立てが完成すると

町内を試し曳き・試し舁きをします。

この時は、参加自由ですので、誰でも参加可能です!

ちなみに、曳き初め・舁き初めの綱を引くと、

一年間の厄除けになると言われてるんです~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

When 'Yamaboko-tate' is completed, it will be tried either it works or not. It is called 'Tameshi-biki'. Everyone can join at this time so if you have interest, why do not you participate? It is told that people who pull a rope of 'Tameshi-biki', you will have lucky for a year.



その他、有料ですが、鉾や曳山では、

上れる山鉾もあります。

山鉾に上ると、普段は見られない

格別の景色が見られそうですね~!

In addition, you can enter to the top of 'Yamaboko' if you pay entrance fee.

When you go up there, you may able to see the exceptional scenery.



合計33の山鉾は全て装飾が違い、一つ一つに個性があります。

また、鉾のてっぺんに飾る

鉾頭は、長刀、菊など各鉾に関連した形なので違いを

一つ一つ見ていくのも楽しいですよ

と、このように

山鉾にはたくさんの見所があるんですね~( ..)φメモメモ

The total number of 'Yamaboko' is 33 and every decollation is different. Each 'Yamaboko' has great originality. Therefore, it may be enjoyable seeing the difference such as 'Naginata' and 'Kiku' on the top of 'Hoko'.  From these information, 'Yamaboko' has so many attractive points.



ところで、皆さま、ご朱印帳はお持ちでしょうか?

近年、流行しており、

私の知り合いにもご朱印集めをしてる人たくさんいますよ~~!

実は、祇園祭の各山鉾町でも貰えるんです Σ(・ω・ノ)ノ!

しかも!

前祭・後祭それぞれの宵山期間中のみ頂ける限定のご朱印なんです!

山鉾巡りをしながら、ご朱印集めをすると

一層祇園祭を楽しめそうですね ☆彡

By the way, do you have the book for Goshuin?

These days, it is getting popular so our acquaintances start collecting 'Goshuin'.

To tell the truth, you can get 'Goshuin' in each 'Yamaboko-town'. This stamp is only available in 'Saki-matsuri' and 'Ato-matsuri'. Visiting 'Yamaboko' with collecting 'Goshuin' must be fun.



また、祇園祭には名物がございます

それは・・・粽(ちまき) です!



gahag-0065778486.png

粽と言っても、祇園祭の粽は食べ物ではございません。

笹の葉で作られた疫病・災難除けのお守りです。

毎年、祇園祭の時にだけ、各山鉾町の会所などで販売され

京都ではこの粽を一年間、玄関先に飾ります \(゜ロ\)(/ロ゜)/

また、通常の厄除けのほか

由来に合わせたいろいろなご利益があるので、

自分に合ったご利益を探しに山鉾巡りに

行ってみてはいかがでしょうか ヾ(≧▽≦)ノ

Gion-Festival's speciality is 'Chimaki'(Cake wrapped in bamboo leaves)

Chimaki of Gion festival is not food. It is a good-luck charm which is made by bamboo leaves. Every year, it is sold in each 'Yamaboko-town' and it is decollated at the front door.




と、三回に渡って、祇園祭の魅力について

ご案内させて頂きました~~★★★

祇園祭の魅力、十分にお伝え出来ましたでしょうか?

一年に一度しかない特別な祇園祭。

受け継がれていった山鉾や、伝統から

千百年の歴史を感じながら

皆さまが楽しんでいただければ幸いです。

In the past three times, we talked about the fascinate view of 'Gion Festival'.

This is one special occasion happened in once a year. We will be pleasure if you will be enjoying from feeling 1000years of history and this tradition.



ここまで読んで下さりありがとうございました!

祇園祭以外にもブログの更新はしていきますので

また次回も宜しくお願い致します !(^^)!

Thank you so much for reading this blog. Not only introducing Gion Festival, but also we do upload this blog more in nearest future. See you. Have a wonderful day.



画像の引用はこちら→http://photo53.com/gionmatsuri-junko.php



フロントスタッフ 寺田・山本

Front: Terada and Yamamoto

祇園祭はもうすぐそこに...

こんにちは、

相鉄フレッサイン京都駅八条口でございます。

梅雨も終わり、夏の香りが色濃く漂ってまいりました。

もう七月もすぐそこですね!

ということは、祇園祭もすぐそこ!

前回は、祇園祭のメインイベントである山鉾巡行と、

宵々山と宵山の歩行者天国について

ご説明させて頂きました(*'ω'*)

今回は、祇園祭について、

詳しく説明させて頂きます!

祇園祭?ナニソレ? な方も

スタッフと一緒にお勉強していきましょう~♪



HELLO.

How was the last blog we made few weeks ago?

Time passes so quickly that we can notice summer is coming! Here in Kyoto-city, we will have high temperature because of the land feature, being surrounded by mountains so that the weather is humidity. This is our second time talking about 'Gion Festival' and now we will move on to the origin of 'Gion Festival'.




遡ること、869年のこと。全国的に疫病が流行しました。

医学の発達していない時代でしたので人々は

「神様の怒りに触れたからだ~!」と、

神仏に祈願することでおさめようとしました。

疫神怨霊を鎮めようとしたのです。

Back to the year 869, the communicable disease was spread to entire nation in Japan. Medical science had not developed at that time so that people thought 'the reason why we suffer is because of GOD's anger. Therefore, they tried hard playing to God in order to stop communicable disease.





そこで、当時の国の数である66本の矛を立て、

神泉苑にてスサノオノミコトを祀ったことが始まりとされています。

And the total number of province at that time was 66, so people used 66 spears to play GOD who is 'SUSANOO' in 'SHINSEN-EN'. That was called 'Goryo-e'. Futhermore, this is the origin of 'Gion Festival'. In terms of 'SHINSEN-EN', it has a large beautiful water garden and the bridge painted red seems so elegant.

IMG_2540 (2).JPG

IMG_2541.JPG

神泉苑はこちら↑

元々、平安京大内裏に接して造営された禁苑でして、お庭が綺麗ですよ☆

ちなみに、スサノオノミコトとは

日本の神話の最高神であるアマテラスの弟であり、

ヤマタノオロチをアメノムラクモで

退治したことで知られています(`・ω・´)ゞ

祇園祭は八坂神社の祭礼ですが、

その八坂神社の御祭神でもありますよ~





話を戻して...

こうして祈祷により疫病退散を祈った

「祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)」が、

祇園祭の起源だと言われています☆彡

祇園御霊会は、970年以降、毎年の行事となります。

その後平安末期にかけて祭は賑やかになり、

町衆たちが積極的に関わるお祭りになります。

After the year 970, 'Goryo-e' has become the important event and held every year.

As the time passed by, the festival has been getting lively.





そして、室町時代に前回ご説明した山鉾が登場します☆

Then in the 'MUROMACHI-ERA', The 'YAMABOKO' that we explained in last time has entered.

山鉾の数は年々増え、15世紀ごろには、

60基もの山鉾が、現在とほとんど変わらない姿で

巡行を行ったとされます。

しかし、1467年...

あの、応仁の乱が起きます!!|д゚)

応仁の乱により、京都の町と共に山鉾は焼き尽くされるのです...

However, the year 1467, the famous war, '応仁の乱', were broke out. All 'YAMABOKO' and city were destroyed.




その後23年の時を経て1500年。

町衆が力を合わせて山鉾を復興させたのです(ノД`)・゜・。

After 23years, in the year 1500, people cooperated each other for the revival of 'YAMABOKO'.




こちらが現在の山鉾です↓  立派ですね~

山鉾.jpg




「祇園社記」によれば、前祭26基、後祭10基の山鉾が

巡行を行ったとされており、これが現在の山鉾巡行の基礎とされています。

According to 'Gion-Syaki', written in Muromachi-ERA, 26 numbers of 'YAMABOKO' in former parade and 10 numbers of it in later parade was the based on current 'YAMABOKO-JYUNKO'.




その後も三度の大火事に遭い、山鉾町も山鉾も

甚大な被害を受けました。

After few years, massive fire accident were occured sometimes that made huge negative impact to the town and 'Yamaboko'.




ですが、その都度、町衆の熱意と努力によって

復興され今の祇園祭があるのです...( ˘ω˘)スヤァ

However, the passion and the effort of local people revived 'Gion Festival' each time.



と、今回は祇園祭の歴史について簡単ではありますが

ご紹介いたしました~!!

祇園祭には、こういったふかーい歴史があるんですネ ( ..)φメモメモ






また、

祇園祭のアクセス方法ですが、

15日16日は、車でいらっしゃると道路が混雑する上、

歩行者天国により

京都市内では駐車場がご利用出来ない可能性がございます。

お車で行かれる際は少し離れたところへ駐車し、

電車や徒歩での移動をおすすめ致します。

As for access to 'Gion Festival', the road will be crowded by visiting there by car on 15th and 16th of July.

The area around 'Shijo-Karasume', it has a possibility that you may not able to use parking lot.

When you go there by car, we have recommendation parking your car far from main area.

Then please use either public transportation or on foot.





八坂神社へのアクセスはこちら ↓

① 市バス206系統 バス停「祇園」で下車、徒歩まもなく到着

② 京阪電気鉄道 「祇園四条駅」から徒歩8分

The access to 'Yasaka-Shrine' has two options.

1.Kyoto City bus '206'. Please get off at 'Gion'.

2.'Keihan Electric Railway' Please get off at 'Gion-Shijo'. You need to walk few minute.





宵々山、宵山をお楽しみの方は、

市営地下鉄 「四条駅」または「烏丸御池駅」での下車もおすすめです。


歩行者天国によりバスの運行ルートが通常ではありませんので、地下鉄が確実ですよ^^


If you would like to enjoy 'Yoiyoiyama' and 'Yoiyama', we prefer going there by subway.

Getting off at 'Shijo' station or 'Karasuma-oike' staion is also recommended.

The route of Kyoto city bus will change by Pedestrian street.





次回の更新は七月です☆

次回も祇園祭について、お知らせいたしますので、乞うご期待を...!

Simply, we talked about the origin and the history of 'Gion Festival' and it has a long story. Next blog will be July and introduce more deep information so do not forget to check it out ★Have a good day and see you soon!





フロントスタッフ:寺田 山本

Front: Terada and Yamamoto

画像の引用はコチラ→http://photo53.com/img/junko2012-04.jpg

HOTEL
ARCHIVE
2021
2017
TOP