STAFF BLOG STAFF BLOG

スタッフ日記

IMG_7437.jpg

あべのハルカスには16階に「あべのハルカス美術館」なる人気の美術館が館内にあります。

今回は「ツペラツペラのかおてん」なる催し物がやっていたので行ってまいりました。
大人から子どもまで、めくるめく楽しい「かお」だらけの世界へようこそ!とツペラツペラさんという人気の絵本作家の催し物なのです!!

今回はあべのハルカスの展望台のチケットと美術館のチケットをセットで「2,000円」(税込み)と破格の展示会でした。
当ホテルからは約10分程度で天王寺駅下車、あべのハルカスにございます。

IMG_7364.jpg

天王寺駅を降りて、すぐ東口にそびえるは大阪観光でも大人気のあべのハルカスです。
グルメはもちろん、テナントも多く屋上展望台など非常に見ごたえがあります。
美術館も併設している人気の複合施設になります。

IMG_7419.jpg

展示会は家族連れが多く、小さいお子様が多く見受けられました。

家族で楽しむ展示会のようであざやかな色彩や顔の形や造形を楽しめます。
ルーペを購入して、色々な顔を探したりするこどもが走り回っているにぎやかな展示でした。

IMG_7423.jpg

石を重ねて作られたイメージのこんな顔の展示や

IMG_7424.jpg楽器をモチーフにしたこちらの顔なども大変見応えがあります。

IMG_7455.jpgこちらの床田愉男(ゆかだゆかお)さんの展示は大変人気で40分待ちでした。体験参加型の催し物で家族で楽しんでいる方やカップルの方が大きなマットに寝転がり「オリジナルの顔」を作っていました。

IMG_7453.jpgこちらがその作品です。みなさん楽しそうですね!

IMG_7454.jpg

ツペラツペラさんは、2人組のユニットで主に絵本製作で人気の作家さんです。

大変人気の「やさいさん」「くだものさん」や「おばけだじょ」の3冊の絵本を今回購入しました。
絵本作家の展示会も欠かさずにチェックしている相鉄グランドフレッサ大阪なんばへのご予約お待ちしております。

IMG_7381.jpg

なんと創建は1400年前というから驚きの四天王寺は大阪市天王寺にある聖徳太子が建立したといわれるお寺です。

推古天皇元年(593)に建立され以降、人々からは依然として庶民信仰の寺・お太子さまの寺として深い信仰を受け、今と至ります。

当ホテルからは、約15分程度、大阪に来たら一度訪れてみたいお寺です。
御朱印の種類もけた違いに多く軽く18種類程度はあるのでこれもまた楽しみであります。

1.『大悲殿』 大日本佛法最初
2.『大悲殿』 新西国三十三観音霊場 第一番
3.『亀井不動』 近畿三十六不動尊霊場 第一番
4.『大悲殿』 河内飛鳥古寺霊場 第一番
5.『太子髻四天王』 聖徳太子御遺跡めぐり 第一番
6.『大悲殿』 神仏百五十霊場 大阪二番
7.『普賢菩薩』 おおさか十三佛霊場 第四番
8.『圓光太子』 法然上人二十五霊場 第六番
9.『薬師如来』 西国薬師四十九霊場 第十六番
10.『布袋尊』 大阪七福神霊場
11.『布袋尊』 西国・新西国七福神
12.『聖徳太子』 なにわ七幸めぐり
13.『大悲殿』 摂津八十八ヶ所霊場 第二十五番
14.『大悲殿』 摂津三十三観音霊場 第三十三番
15.『西山国師』 西山国師十六霊場 客番
16.『大悲殿』 四国八十八ヶ所霊場 番外
17.『大悲殿』 西国三十三観音霊場 番外
18.『役優婆塞』 役行者めぐり 役行者
『三面大黒』

大阪の観光で大変人気の「あべのハルカス」から徒歩で散策できる立地も素敵な大阪屈指のパワースポットです。

IMG_7386.jpg

さっそく「大阪七福神めぐり」なるものがあったのでご相伴預かり参加することにしました。
まずは1つめ、四天王寺の御朱印をゲットです。

このほかに近隣にある6つの寺社仏閣めぐりが出来ると思うと胸が高鳴ります。

IMG_7365.jpg

参道から正面の鳥居にやってきました。石造りのこちらの鳥居は日本3大鳥居と言われており、広島「厳島神社の朱丹の大鳥居」、吉野の「銅の鳥居」そして四天王寺の「石の鳥居」なのです!

重要文化財に指定されておりなるほど厳かな雰囲気を醸し出しています。

IMG_7385.jpg

こちらは、聖徳太子由来の太子殿です。
正式には「聖霊院」といいます。
これまで一度たりとも御開帳することのなかった秘宝が公開されているとの事で、お線香(200円)を入口で購入し参拝しました。

拝見するからに、距離が遠く遠目で確認はできませんでしたが、奥に扉の空いた金色の像が見えました。

IMG_7397.jpg中はこのようになっているとの事で、パンフレットを頂くことができました。

IMG_7374.jpg

そして大阪は四天王寺といえば、やはりこちらの五重塔がお勧めです。

拝観するには300円ですが、中にある仏像と壁画には圧巻の見応えでかなりお得な気分を味わえます。
金堂内部には、四天王寺のご本尊の救世観音菩薩と四天王が安置されています。

IMG_7368.jpg

敷地内には、親鸞聖人像があります。

四天王寺は宗派を問わない「和宗」の寺院のため、浄土真宗の宗祖・親鸞聖人像や、弘法大師:空海(真言宗)の像が同じ境内でみることができます。
日本のお釈迦様ともいわれている有難い人物に会うことが出来ました!

IMG_7371.jpg

こちらの中央にいるのが弘法大師さまの像ですね。

四天王寺とも縁が深く、「お大師さん」として慕われて続ける弘法大師様の像も大変人気で修行大師の周囲には四国八十八ヶ所霊場のお砂が納められていて、お砂踏み修行を行う事が出来ます。

御遍路に回らなくてもここに来ればご利益があるのか調べてみることにします。

IMG_7383.jpg

四天王寺は一度、かの有名な、「大坂の陣」で焼失しましたが、徳川幕府によって再建されました。
再建された「猫の門」の猫は、名匠・左甚五郎の作であったと伝えられており、日光東照宮の「眠り猫」と一対となって、大晦日と元旦に鳴きあったといわれています。

こちらがその「猫の門」です。

IMG_7384.jpg

1.jpg

なにわ橋の川べりから見た図書館の風景は大きな青りんごのオブジェが目を引きます。
完全予約制の大人気の図書館、「こども本の森 中之島」。

2020年7月に開館以降、予約の取れない図書館として、中之島に開業。
隣には東洋陶磁美術館と大阪公会堂、
大変綺麗に整備された街並みには建築家で名高い「安藤忠雄さん」の建築物が
とても美しく映える大阪の新しい観光名所なのです!

2.jpg

こちらは正面入り口です。

建物は3階建て、設計は安藤忠雄さん。
安藤忠雄さんの絵本も購入可能です。

名誉館長は山中 伸弥さん(京都大学iPS細胞研究所 所長)、入口には山中さんのご実家の幼少期の頃の本棚が再現されていて
ついつい息子の本棚のラインナップも真似をしなくては!とメモを取る今日この頃です。

3.jpg

壁一面に本が美しく陳列され、こどもは勿論の事、大人も楽しめるラインナップです。

好きな本を手に取って、1時間30分本の森を楽しく散策して過ごす事ができます。
「時間がない」と口を揃える現代では、残念ながら本を手に取る機会は減ってきていますが、この空間では本に触れる喜びを感じることが出来ます。

4.jpgまた、活字や絵本より漫画が好き!という方にも、手塚治虫さんから名探偵コナンに至るまで多岐にわたるジャンルの漫画タイトルも揃いに揃っています!

5.jpg

「おれは、100万回もしんだんだぜ!」のセリフでお馴染みのベストセラーの絵本といえば
佐野洋子さん、作・絵の名作「100万回生きたねこ」もこのようにレイアウトされています。

改めて読み返し、まなむすこに読み聞かせましたが、ラストでは涙がもう止まらないのです!

6.jpg

この日本を代表する絵本は30年以上も前に出版され、今なお幅広い層に人気な絵本です。

100万年生きた猫が100万回も死んで、100万回生きた立派なとらねこのお話です。
是非、まだ読んだことがないのでしたらご一読されてみてはいかがでしょう。
この物語はハッピーエンドであると信じたいものなのです。

7.jpg

ちいさな かしこい さかなの はなし でお馴染みのスイミーもありました。
「僕が目になろう!」の一節には、本当にどきどきしたものです。

レオ・レオニさん作、小さな赤い魚の群れの中に一匹だけ黒いスイミー。
大きな魚に擬態して目のポジションを演じるまでの経緯がなんともかっこいいのです

8.jpg

「僕たち人間は自分で自分を決定する力を持っている!」
君たちはどう生きるかは吉野源三郎の小説です。

漫画でも刊行され発売半年あまりで、超速200万部突破!すべての世代で一番読まれている本!
人間としてあるべき姿を求め続けるコペル君とおじさんの物語。
出版後80年経った今も輝き続ける歴史的名著なのです!

9.jpg

こんなかわいい絵本も発見しました。

「どうぶつ四字熟語えほん」石井聖岳さんの絵本です。動物たちがかわいらしく四字熟語を説明する絵本なのです。まな息子も「ふむふむ」とわかったふりをしながら楽しんでいる風でした。

10.jpg

「千客万来」・・・
大勢の客がひっきりなしにくること。
店に客が大勢来る事だけではなく、家を訪ねてくる客が多い時にも使われる...との事。

ホテル業、観光産業はまだまだ厳しい状況が続いている中、お客様がまた大勢お越しになる事を想像しつつ素敵な言葉を見つけました。

11.jpg

プロジェクションマッピングの動く絵本も楽しめる空間もありました。

当ホテルからは徒歩圏内、是非一度足を運びたい素敵な図書館へと
是非、当ホテルへのご予約もお待ちしております。

1.jpg

休みの日、最近はコロナでこもりっぱなし。いつもとは違う時間を過ごし緑に囲まれ解放感&リフレッシュしたいなぁ~と思ったことあるのではないでしょうか?

子供や大人はもちろん、デートでもペットとも一緒に楽しめる...そんなナイスな場所が天王寺駅からすぐにありました!その名も、天王寺公園エントランスエリア、通称「てんしば」です。

広々とした芝生広場や、フットサルやスケートリンク、美術館などもすぐそば、動物園も至近と一日いても飽きないスポットなのです!
こちらのOSAKAのOにもくぐりたくなる!そんな人気の公園です!

2.jpg

ふと横を見上げれば人気の「あべのはるかす」を一望できます!

3.jpg

こちらは天王寺動物園の入口です。
公園内からダイレクトに入る事が出来ちゃいます!

人気はキリンさん。シロクマさんも最近赤ちゃんが生まれたので早く見たいですね。

4.jpg

こちらは、「大阪市立美術館」です。
大阪市立美術館は、住友家の本邸が建てられていた、天王寺公園の中で中央に位置しており、動物園と隣接しています。中央に見えるベビーカーはまな息子です。

5.jpg

こちらは、金色の像です。リサーチ不足の為、何者かは分かり兼ねますが、きっと素敵な功績を上げた功労者の方なのだろうと推察されます。
顔の角度は、あべのハルカス方面を向けており立派なお鬚が印象的な人物であります。

6.jpg

芝は昨今珍しい、自由に出入り可能な公園です。
もうふっかふか、大勢の方が一定の距離をとって素敵な休日を楽しんでおりました。

相鉄グランドフレッサ大阪なんば
支配人

皆様

こんにちは~キス

今日は相鉄グランドフレッサ大阪なんばのロビーに設置している

真珠を紹介しようと思います!

ドン!

CB4FF901-AB5D-4698-ADD1-A3C0652322AE.jpeg


このガチャガチャの事です!

ガチャガチャ真珠

大阪には五ヶ所しか設置されてないですが

その中の一ヶ所が相鉄グランドフレッサ大阪なんば店です!

中はイヤリング、指輪、ネックレス、ピアスが入っています!

しかも保証も付いていますしはずれもなく一つだけスペシャルボールが入っているそうです!!!

ガチャガチャは何にあたるかわからないのが魅力ですね

A94BFC43-6FCA-40C6-A6F0-0F67B7B198BC.jpeg


ホテルで宿泊した後友達へ自分自身へのプレゼントとして

ピッタリだと思います!

グランドフレッサ大阪なんば店に泊まり楽しいガチャガチャ真珠

いかがですか?

HOTEL
TOP