STAFF BLOG STAFF BLOG

おすすめスポット

みなさまこんにちは!無人島大好き無人くんです!


今回は夜勤明けを利用して横須賀に赴いた訳であります。

某居酒屋を巡る番組にて横須賀中央がしつこく登場していたので行ってみたかったのと、無人島として有名な猿島が目的です。


猿島は横須賀の戦艦三笠が置いてある三笠公園から船で渡ることが出来ます。

料金往復1500円也。(入島料含む)


猿島の由来は日蓮上人が台風で遭難しかけた際に白い猿が導いたというところからついているそうな。しかしまあ日蓮上人って全国あちこちで爪痕を残してますな。

取り急ぎ横須賀の街を抜けてサッと三笠公園へ向かいます。


IMG_9848.JPGデン!東郷平八郎元帥像でございます。後ろに見えましたるはもちろん戦艦三笠!

日露戦争でしたかね、そんな昔にこのような巨大戦艦を作るのって想像を絶する大仕事だったことでしょう。もっと近づいて前方から・・・

IMG_9849.JPGデン!壮観でございますね~。実は数年前に一度内部を見学したので今回はやめておきました。

船に乗りましていざ猿島へ(キキーッ!)


IMG_9850.JPG早速迎えてくれたのは蜃気楼です。蜃気楼って響きかっこいいですよね。

どことなくバブルの香りがする不思議な言葉です。


IMG_9853.JPGそしてこれには驚いた自衛隊の護衛艦?でしょうか。とにかくビッグサイズ!

猿島行の船を運航されているトライアングルさんは軍港めぐりツアーも行っているそうです。米海軍と自衛隊の艦船を見学できるツアーだそうですので、次はこちらを攻めてみたいと思います。

plh32.jpg (海上保安庁HPより)

ちなみに海上保安庁最大の船は上のしきしま型巡視船だそうです。

一生乗る機会は無いですが横浜港では防災フェスティバル等々で様々な船が来ますので機会がありましたら是非ご覧になって頂きたいと思います。


話が逸れました。猿島上陸です。


IMG_9851.JPG切り通しで山を崩して空から見えにくい道を作りそこに弾薬庫を設置していたようです。

苔がむして実に歴史を感じますが、苔を削って落書きをしている人が絶えないようで残念です。鳥の鳴く音だけが辺りを包んでおります。


IMG_9855.JPGこのように敵から身を隠すような道があちこちにあり、島内には砲台の跡があちらこちらに残されています。

時代から取り残されたその姿は実に神秘的といえましょう。


猿島の紹介より船の紹介になってしまいましたが、新橋駅は横須賀線が通っておりますので、ちょっと歩きますがこれからの行楽日和にぜひご利用下さいませ~。

その前に横須賀行きであれば神奈川エリアのフレッサインにご宿泊されることをおすすめ致します!!


新橋日比谷口店予約受付中です☆

コチラからどうぞ


みなさまこんにちは。

以前より新橋は鉄道発祥の地として有名であることをご紹介してまいりました。


先日、東京駅より伊豆へ旅してきた訳ですが、普段の通勤満員電車と休日に遠出する電車。

同じ電車なのにどうしてこんなに違うのでしょうか。

まるで天国地獄です!


そこにある違い、それはズバリ「浪漫」ではないでしょうか。

私の愛聴歌、JR九州様の社歌である「浪漫鉄道」は

まさに鉄道の良さが詰め込まれているような歌です。

気になった方は是非検索してみてください。


さて!それでは今回は当館よりアクセス可能な鉄道博物館へのご案内でーーーーっすぅぅぅう!


①地下鉄博物館

東京メトロ東西線、葛西駅に存在する東京メトロの博物館です。

当館からのアクセスは約20分。


②京王れーるランド

京王線多摩動物公園駅にある京王線の鉄道PR施設です。

当館からのアクセスは1時間超と結構かかりますが、京王線沿線には楽しい場所がたくさんありますので苦になりません。


③東武博物館

東武伊勢崎線(スカイツリーライン)東向島駅下車

当館からは約30分で到着できます。


④鉄道博物館

玉新都市交通伊奈線 鉄道博物館駅下車

当館より約50分ほど。

国鉄時代からのJR車両が惜しげもなく展示されています。

 

上記に掲載したものは、館内に車両の展示がある、という基準で掲載させて頂きました。

行ったことがある場所と無い場所がありますが、

やはりこの旧型車両の展示というのは魂を揺さぶること間違いなし!

IMG_8354.JPGIMG_8640.JPGIMG_8647.JPG こんな車両の中でいくつものドラマが生まれてきたんでしょうねぇ。

なんとも感慨深い限りでーーっすぅ!

生まれ故郷では電車に乗る習慣がほぼなかったのでその分憧れが強いのかもしれません。

 

やっぱり私はななつ星in九州に乗りたい!宝くじあたったら乗ります!買ってませんけども!


最後に、新橋の工事現場にこんな写真がありました。

IMG_8670.JPGまるで我がホテルを宣伝してくれているような構図。ありがたや・・・ありがたや・・・・

※手前に新築ビル工事の為、現在は当館が隠れてしまいました。

 

お子様から大人まで幅広く楽しめる鉄道の博物館、是非当館を基点にお出かけ下さいませ~。

 


 

 

皆様お久しゅうございます。
相鉄フレッサイン新橋日比谷口でございます。

実にひと月ぶりとなりましたが、改めてキーボードを手に取りました。
季節は完全に夏突入!といった感じで毎日暑くてたまりません。

ワタクシごとながら実は相当な暑がり&汗っかきでございまして、この夏という季節ははっきり申せば地獄でございます。
代謝がいいのはいいことだと言われますが、体重は増加してきておりますので順調に代謝は下がっている模様です。でも汗は止まりません。

夏といえば色々なレジャーがあります。例えばサーフィンなどのボード系、そして海の家、キャンプなどは夏の醍醐味ではないでしょうか。
しかし、またしてもワタクシごとながらカナヅチなのです。英語でいえばハンマーなのです。

かつては
「将来子供が海水浴にいきたい、とゴネたのでしょうがなく連れていっておぼれてしまったら・・・助けられない!共倒れだ!」
といった不安が胸をよぎっていましたが、起きて半畳寝て半畳、きままな一人暮らしの私には全くの杞憂でした。

さて!今回ご紹介しますのはコチラ!!!

「近未来タウン SHIODOME」

でございます。

以前も汐留のビル群の様子をご紹介しましたが、今回は夜の姿をご紹介いたしましょう。

JR新橋駅を抜けてゆりかもめの駅に入ります。入口から上にあがっていきますと。。。

IMG_8930.JPG

こういった感じになります。このちょっと先がのんべえの街として有名な新橋タウンとはとても思えません。
汐留と書きましたが実際は新橋駅と汐留駅の間です。

IMG_8929.JPG
私が何を言いたいかと申しますと、この感じ・・・デートでふらりと通ったらそのお二人はすごくイイ感じになるのでは!?
と、そういうことなのでございます!
あくまで想像の域を脱しませんがそういうことなのでございます!

二人で歩いた東京の街・・・輝くライトがお二人の未来も優しく照らしてくれているような・・・と、そういうことなのです。

・・・そんな未来がどっかにあるのかな?あったのかな?落っことしたのかな!?それとも拾いそびれてしまったのかな!?
巨大な入道雲に誘われて、どこまでも自転車で坂をのぼったあの頃・・・
もう戻れない、夢にあふれたまぶしい夏景色!! フォーエヴァーヤング!


写真の地点は当館から徒歩で5分程度ですが、周囲一体は夜とても綺麗なのでオススメでございますよ!
浜松町辺りまで続いているので散歩がてら是非是非アーバンシティーライフをご満喫下さいませ!
ランニングにもおすすめです☆

最後にフロントに飾ってあります新たな仲間のご紹介です。

FullSizeRender.jpg
 相模鉄道カレンダーをバックに鉄道とバスを走らせております。(ブッブー)
先代のクラフトが老朽化によりスタッフからの撤去要請が出ましたので新作が登場しました。

これからも増やしていくつもりですので、ご来館の際にはちらっと見てやって下さいませ!

by 真夏の夜のイワック



みなさまごきげんうるわしゅうございます。
相鉄フレッサイン新橋日比谷口でございます。

私たちのホテルがある新橋といえばサラリーマンの聖地と言われております。
まさに昨日、仕事終わりにスタッフと新橋の街で一杯やりましょう、ということで颯爽と繰り出した訳ですが
どこのお店も 人!人!人!

全く入店できないのです!なぜかと思えば明日は祝日・・・。ビジネスマンの方々にとっては夢のような日程だったことでしょう。

どうにかこうにかお店を探しだし飲んだ一杯のかけそば・・・ではなくビールはとかく身体に染み込みました。画像はありません。

そんな混沌の街、新橋とお台場が近い!ということは余り知られていません。
お台場といえば今度はカップルの聖地でございますね!

IMG_7960.jpg

レインボーブリッジと沈んでいく夕陽・・・お二人の輝かしい未来が見えてくるものなんでしょうな!!!

では、やぶからぼうに当館からお台場までの所要時間を計算してみましょう。
写真のお台場海浜公園までの所要時間です。

【相鉄フレッサイン新橋日比谷口 To ODAIBA】

1、ホテルを出ます

↓(最速4分、意地悪な信号にひっかると6分)

2、ゆりかもめ新橋駅へ着きます、ゆりかもめに乗ります

↓(ホームまで3分、5分間隔の運行で現地到着まで13分)

3、え?もう!?お台場海浜公園に着きました!

つまり25分程度で「お台場中のお台場」ともいうべきお台場海浜公園に到着してしまう訳です!

「25分も面倒だなぁ、だってちょっと遅れたら30分以上かかるわけでしょう?慣れてる人は簡単にいうけどさ~」
という方もご安心下さい!ゆりかもめは乗ること自体が楽しい電車です。
という訳でちょっくら撮影して参りました。

P2110017.JPG

ゆりかもめはノーマン運転、自動運転ですので、運転席が乗客用座席となっております。
少年の笑顔がその楽しさを物語っております!
大人でも、もちろん楽しいゆりかもめ、五臓六腑に染み渡るゆりかもめ・・・こんな時間はゆめかもね・・・・

全面展望で眺める東京Cityはまさに未来都市です!

P2110013.JPG

当ホテルすぐそばには電車の故郷、新橋駅で有名なSLが展示されているSL広場があります。(現在改装中)
つまり電車好きにはたまらない新橋タウンでありました!

up.jpg

初回ということで今回は気合を入れてアップさせて頂きました!
今後の更新も是非是非ご覧くださいませ~☆

新橋スタッフ イワック
ARCHIVE
2016
2015
TOP