STAFF BLOG STAFF BLOG

スタッフ日記

自称アウトレット好きな私は「りんくうプレミアム・アウトレット」へ行って参りました。

ホテルから公共交通機関で約50分程度です。電車に揺られるのが好きな方にはちょっとした旅行気分です。

ホテル⇒(徒歩3分)長堀橋駅⇒(堺筋線9分)天下茶屋駅⇒(南海本線関西空港行33分)りんくうタウン駅下車

アウトレットは海に面しており、リゾート感満載でした。敷地内には250ものお店が出店しているそうです!

43C81F0D-1146-45D9-9902-C31BDB6B8589.jpeg

あまりのお店の多さにびっくりしました。ワクワクして、朝から夕方までしっかりと敷地内を歩き回りヘトヘトになりました。(^^♪

FCE99ADA-FE3E-4578-993B-C816A8CFDEA6.jpeg

気になる方は是非行ってみて下さい♪♪

こんにちは!相鉄フレッサイン大阪心斎橋です!

今回は当ホテルの自慢のプラン

~厳選された和牛をお腹いっぱい満喫♪「はり重」豪華夕食付大阪1日ステイ<朝・夕食付>~

を利用しすき焼きを食べて参りました!もちろん自腹です

320x320_square_19287923.jpg

こちらは道頓堀にございますはり重さんです

すき焼きしゃぶしゃぶは画像左側の入口から入ると食べることが出来ますが画像右側の入口からグリルやカレーのメニューもあるんですよ。

今回は選べるすき焼きorしゃぶしゃぶからすき焼きにしました!

DSC_0146.jpg

めっちゃくちゃ美味しかったです!!

と語彙を失うぐらい美味しかったです!!

DSC_0147.jpg

とろーり卵と絡めていい感じです。

そんなすき焼き(かしゃぶしゃぶ)が食べられるプランはこちらから!!↓

公式HP

【GoToトラベルキャンペーン対象】厳選された和牛をお腹いっぱい満喫♪「はり重」豪華夕食付食いだおれ大阪1日ステイ<朝・夕食付>

GoToトラベルも使えてお得ですよ!

こんにちは。

相鉄フレッサイン大阪心斎橋です☆

夏が終わり、暖かく過ごしやすい日が続きますね(o^^o)



みなさまハロウィンはどうお過ごしですか?

当ホテルではお客様にも少しでもハロウィンを楽しんで頂けたらなと、

パンプキンや可愛いお化けの飾りつけで、ハロウィンを迎える準備万全です!!


そしてハロウィンが終わり11月には、相鉄フレッサイン大阪心斎橋、

おかげさまで開業してから間もなく2年を迎えることになります(^▽^)/

2周年イベントも準備中ですので、お楽しみに~^^**

皆さんにお会いできるのを楽しみにしております(o^―^o)か.jpg

こんにちは。

相鉄フレッサイン大阪心斎橋です(^^♪

大阪オススメスポットのシリーズ化を目論み、ひっそりとブログの投稿をしていたわたくし、

その2で早々と途切れておりましたが、約1年の時を超え、再開をしたいと思っております。

再開第1弾!南海線の旅!!


☆旧堺燈台☆

90BF8231-ECFB-4422-9CB5-572E3CCA90F2.jpg

明治10年に築造された高さ11.3mの六角錘形の灯台です。

何ともかわいらしいですねぇ。

現地に現存する日本最古の木造洋式灯台の一つとして国の指定史跡になっているらしいですよ。

見晴らしも良く、海を見ながらボーっとするのに最適な場所となっております。

アクセス:南海線「堺駅」下車 徒歩で堺旧港方面へ約15分



堺駅から南海線で上って約10分

☆住吉大社☆

D6133466-D00B-4B61-A0B7-950FF1020D1E.jpg

境内は見どころたくさんで、五所御前で願いが叶う石を拾ったり

おもかる石で願いが叶うか占ってみたり

一寸法師のお椀で記念写真を撮ってみたり...

そんな中でもこちら

DF6C1F47-6444-4DE3-B6D9-68CC9160AC9F.jpg

通称、太鼓橋(反橋)はかなりのインパクトです。

正面から見ると、かなり反ってます!足元悪い日はお気をつけください。

住吉大社近くは路面電車も走っており、

A06C9450-42EB-4B0E-A267-BB134E53F4D5.jpg

何とも、のどか~な感じです。

アクセス:南海本線住吉大社駅から東へ徒歩3分



あんなに暑かった夏ですが、最近はすっかり秋の空気ですね。

秋晴れの中のお散歩、してみてはいかがでしょうか。

もちろん大阪で泊まるなら相鉄フレッサイン大阪心斎橋で☆

ご予約はこちらから!

梅雨の季節になりました。大阪心斎橋も雨の日が続いています。

近日、時々ですが晴れ間も見えて参りました。

今回は鰻谷商店街についてご紹介したいと思います。

相鉄フレッサイン大阪心斎橋は鰻谷北通りに面した場所にございます。

こちらの通りは別名「川柳通り」とも呼ばれており、一般公募から選ばれた49句の川柳が外灯に掲載されています。

3か月に1度に新たな川柳が選抜され、内容も随時入れ替えているようです。

鰻谷商店街がある鰻谷通りの場所は、大阪ミナミ 心斎橋。西は御堂筋から東は堺筋までの長堀橋通りから南に下った2本の通り(鰻谷北通り・南通り)になります。

どうして「鰻谷」といわれているのか......。少し調べてきました。

時はさかのぼること、慶長14年(1609年)。江戸幕府がまだ始まったばかりの頃になります。

当時のここの地勢が西に向かって幾分かの高低差が波立つようにあったと伝えられています。特にこの周辺一帯は凹んでいる地形であったこと、その様子が鰻の体に似ていたとか。

なので、その頃から「おなぎだに」という名で呼ばれ始め、元和元年(1615年)に町名として「鰻谷」と呼ばれるようになったそうです。(長堀川で鰻が獲れたというお話もあります)

しかし、約20年後(寛永13年 1636年)にはこの周辺一帯に住友銅吹き場の工場がいくつも立てられたことをきっかけに、次第に道の整備がされて特徴的だった凹凸が無くなってしまった。という歴史が残されています。

※「住友銅吹き所跡地」はこちらのホテルから目の前の道路を東に650m。歩いて8分くらいの所にございます。

そんな「鰻谷」ですが、この地に伝わる落語もございます。

江戸時代の島之内(現在の大阪市中央区)にある長堀南通りの料理屋に「菱又」というお店があったそうです。

そこの親方がここで起きたケンカの仲裁に入り、特別な料理を振舞おうとしたのですが、肝心の魚が不漁のために心底困ったそうです。

すると、女将が川から鰻を獲って焼いて蒲焼を作り、お客人に出したそうです。当時の鰻は「ヌルマ」といわれ、食べるとたちまち死んでしまうという噂がありました。

お客人もこれには驚いて、恐る恐る口に頬張ると、とても美味であることが分かり、その後も命に別条がないことが分かりました。

「菱又のお内儀(奥様の意)が作ったヌルマの手料理が美味しかった。」という事で、「ヌルマ」のことを手料理した「お内儀」が転じて「うなぎ」と呼ばれるなりました。

ちなみに鰻の漢字は、初めて鰻を料理として出した「菱又」のお店から魚扁に「日、四、又」という由来があるようです。そして、ここの女将の名前は「お谷さん」そこで鰻の下へ谷の字を書いて「鰻谷」となり、「菱又」のあった長堀南通りが「鰻谷」と地名が変わったというお話です。

2020年の土用の丑の日は7月21日(火曜日)になります。蒸し暑い日本の気候を元気よく過ごすために、私も鰻の蒲焼き丼の味が恋しくなってきました。

相鉄フレッサイン大阪心斎橋 フロント係 林

unagidani_sankyubashisuji_Billboard.jpeg

鰻谷三休橋筋の入口にある看板。鰻のモチーフがチャームポイントです。ホテルがある場所の目印です。

unagidani_Billboard02.jpeg

鰻谷北通りにある相鉄フレッサイン大阪心斎橋の看板。夜になるとライトが明るく照らされます。

unagidani_NorthStreet_Senryu.jpeg

鰻谷北通りにある看板には川柳が掲載されています。(一部例) 3か月に1度入れ替えをするそうです。

unagidani_Billboard03.jpeg

鰻谷南通りにある相鉄フレッサイン大阪心斎橋の看板。ホテルの裏側の端に2箇所あります。

unagidani_NorthStreet_East.jpeg

鰻谷北通り三休橋筋を東に向かって撮影しました。こちらの方向に向かって20m歩いた先に相鉄フレッサイン大阪心斎橋があります。

unagidani_NorthStreet_West.jpeg

鰻谷北通り三休橋筋を西に向かって撮影しました。こちらの方向に歩いていくと、心斎橋筋の商店街が見えてきます。ユニクロの入り口側に出てきます。

unagidani_SouthStreet_East.jpeg

鰻谷南通り三休橋筋を東に向かって撮影しました。相鉄フレッサイン大阪心斎橋の裏側の道筋です。ホテルとの提携はしていませんが、ホテルから1番近い駐車場である「One Park」がございます。一方通行ですので、堺筋方面から西に向かって入って行きます。

unagidani_SouthStreet_West.jpeg

鰻谷南通り三休橋筋を西に向かって撮影しました。こちらの方向を歩いて行くと、心斎橋筋の商店街が見えてきます。居酒屋系のごはん処が多い印象のところです。

HOTEL
TOP