STAFF BLOG STAFF BLOG

東京田町

こんにちは。
相鉄フレッサイン東京田町でございます。

この度の新型コロナウイルス感染症に罹患された方と
ご家族・関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

まだコロナウイルスの第2波など心配がされる中ではありますが、
私共ホテルの隣に8月1日に【田町ANNEX】が開業の運びとなりました。
本館・ANNEX(別館)ともに皆さまに安心して、また安全にご利用いただくために、
以下の取り組みを行っております。

【ご宿泊のお客様に向けて】
パブリックスペースでの取り組み

1)共用部の換気を適宜実施しております。
2)フロント周りやエレベーター等共用部のアルコール消毒を適宜実施しております。
3)朝食はセットメニューでご提供となります。
4)共用部やレストランの入り口等にアルコール消毒液を設置しております。

【スタッフに向けて】
1)マスク着用による接客を実施しております。
2)出勤時の検温の実施と健康状態の確認を行っております。
3)咳や発熱などの症状がある場合には、自宅待機とするよう指導しております。
4)日頃より手洗い、うがいの励行などの健康管理を徹底するよう指導しております。
5)各職場等に設置したアルコール消毒液により、入室時の手指消毒を実施しております。
6)不要不急の出張、外出を中止するとともに、海外渡航の自粛や延期を指導しております。
7)可能な部署での混雑時間帯を避けた通勤やテレワークを実施し、感染予防を図っております。


以上の取組みを行い、皆様をお迎え致しております。
ANNEX開業時に現在期間&室数限定の開業プランをご用意致しました。

※【ANNEX OPEN記念】開業記念の今だけこの価格3,900円~!!
室数&期間限定開業記念プラン(食事なし)

OPENしたてのお部屋を特別価格でご利用できるのは今だけとなります!
お申込みは是非お早めに♪
お越しの際はどうぞお気をつけてお越しくださいませ。

こんにちは。
相鉄フレッサイン東京田町でございます。

2020年3月14日です。
本日、田町駅にちょっとした「変化」がありました。

昨日までは、

JY27_01.jpg

だったものが、本日、

JY27_03.jpg

に変わりました!

山手線でほぼ半世紀ぶりにできた新しい駅の、すぐ隣の駅の街で、
皆様をお待ちしております。

こんにちは。
相鉄フレッサイン東京田町でございます。

2月も間もなく後半です。
春が一歩一歩近くなって来てはいますが、桜の季節はもうちょっと先です。
そんな中、都内では数少ない梅の名所の一つに行って来ました。

「亀戸天神社」でございます。

DSC_0283_2.jpg

亀戸天神社は、古くは「東宰府天満宮」あるいは「亀戸宰府天満宮」と称されていたこともあり、
学問の神様として名高い、菅原道真公をお祀りしている神社です。
藤の花で有名ではありますが、菅原道真公が由来であるため、
梅の木も数多く存在しています。

DSC_0294_2.jpg

また、スカイツリーからそれ程遠くない位置に存在するため、
このような風景を見ることが出来ます。

DSC_0285_2.jpg

ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

尚、この記事は相鉄フレッサイン東京田町がお送りしております。
田町からは、電車を乗り継いでおよそ25~30分ほどかかりますが、
最寄駅が「錦糸町」または「亀戸」なので、
「相鉄フレッサイン東京錦糸町」をご利用になると便利に行くことが出来ます。

新年あけましておめでとうございます。
相鉄フレッサイン東京田町でございます。
旧年中は相鉄フレッサイン東京田町をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2020年は、田町で2店舗目となる、
「相鉄フレッサイン東京田町Ⅱ」が夏にオープン予定でございます。
客室数が現在のおよそ2倍に増え、新店と既存店を合わせまして291室になる予定でございます。
また、新店開業に合わせまして、自動チェックイン機を導入予定でございます。
お客様にますます便利でご利用いただきやすいホテルとして生まれ変わります。
また、なお一層のサービス向上に励んで参る所存でございます。

相鉄フレッサイン東京田町へのご予約・ご宿泊を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

DSC_0268_2.jpg

こんにちは。
相鉄フレッサイン東京田町です。

当ホテルは、JR山手線・京浜東北線の田町駅から徒歩で約5分のところにあります。
「田町」と名乗ってはいますが、実際には「田町」という住所は存在していません。
所在地は、JRの駅は「芝5丁目」であり、当ホテルは「芝浦3丁目」にあります。

「田町」という地名は、江戸時代に東海道が通される際、開発により一面に広がった田畑を町屋にしたことから付いた地名のようです。
昭和30年代までは「芝田町」という地名だったようで、それが「芝」と「三田」に分割されたとのことです。

「芝浦」は、名前の通り「芝の沿岸(浦)」のことで、沿岸を埋め立てたことにより出来た地名です。

「田町」という名前も、奥深い、歴史を感じられる街なんですね。

DSC_0241_2.jpg

芝浦に建つ「相鉄フレッサイン東京田町」で、
スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

HOTEL
TOP