COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2016/03/29

羽田空港の早朝便を利用するときのおすすめの過ごし方

羽田空港発の早朝便を利用したいけれど、始発電車では飛行機の出発時間に間に合わない……そんなときは、どうすればいいのでしょうか。電車以外の交通手段を使ったり、空港や空港近くのホテルで宿泊したりと方法はいくつかあります。今回は、羽田空港の早朝便を利用するときのおすすめの過ごし方を紹介しましょう。

深夜、早朝バスを利用する

深夜に羽田空港へ行くなら、深夜や早朝に運行しているリムジンバスを利用するのが最もスタンダードな方法でしょう。終電後、始発前の時間帯に、羽田空港国際線ターミナル駅行きのバスがあります。京浜急行バスでは横浜線、大鳥居・蒲田・川崎線など各線が、東京空港交通では池袋・新宿線、東京・銀座・秋葉原線などが運行しています。

 

ほかに、定額制タクシーを使う方法もありますが、その場合は深夜、早朝割増が適用されて、値段が非常に高くなるのが一般的です。また、バス、タクシーなどを利用する場合は、交通事情などで遅れることがあるので、余裕を持って出発するようにしましょう。

なお相鉄フレッサイン 東京蒲田なら、最寄りの蒲田駅から深夜・早朝バスが運行しているため、羽田空港へのアクセスが非常にスムーズです。

 

また横浜エリアと羽田間には、横浜シティエアターミナル(YCAT)から羽田空港間に、高速バスが運行しています。二俣川海老名からは、相鉄バスの高速バスが運行しています。

 

フライト前日に相鉄フレッサイン 横浜桜木町に宿泊するのもおすすめです。ホテルの最寄り駅である桜木町駅からは、羽田国際線深夜・早朝バスが多数運行しています。さらに、JR根岸線で約3分の距離にある横浜駅からも深夜・早朝バスが運行しているため、フライトの時間に合わせて柔軟にバスを選ぶことができます。桜木町駅や横浜駅から羽田空港¥までは約30~40分と、空港までのアクセスも抜群です。

 

ホテルでは、インターネットとWi-Fiを無料で利用することができ、さらに靴乾燥機やズボンプレッサー、アイロンなどの便利なグッズを無料でご利用いただけます。

 


東京エリアから羽田空港に便利な相鉄フレッサインはこちら

相鉄フレッサイン 新橋日比谷口

相鉄フレッサイン 浜松町大門

相鉄フレッサイン 東京田町

相鉄フレッサイン 東京蒲田

 

横浜エリアから羽田空港に便利な相鉄フレッサインはこちら

相鉄フレッサイン 横浜桜木町

相鉄フレッサイン 横浜戸塚

相鉄フレッサイン 藤沢湘南台


 

空港内のカプセルホテルを利用

早朝便に乗るときの過ごし方の一つに、空港に前日入りして夜を明かすというものがあります。もし、徹夜をするのではなくちゃんと眠りたいという方は、国内線ターミナルの第1旅客ターミナル1階にある、カプセルホテルを利用するのが良いでしょう。

 

鍵のかかるドアがあるわけではないので、完全個室というわけにはいきませんが、内部は男性専用エリアと女性専用エリアに分けられ、共用の洗面所や浴室もあります。ベッドのあるキャビン内はコンセント、Wi-Fiなどのインターネット環境も備えられ、簡易宿泊所として利用するには十分でしょう。

 


24時間オープンの空港内のカフェ、レストランで過ごす

羽田空港国際線旅客ターミナルには、24時間営業のカフェやレストランがいくつかあります。ここで食事をしたり、コーヒーを飲んだりしながら朝まで過ごすことも可能です。

 

さらに24時間オープンのコンビニもあり、またスマートフォンなどの充電ができるコーナーも何箇所かあるので、活用すると良いでしょう。なお、国内線ターミナルは、原則として5:00~24:00がオープン時間となっているのでご注意ください。

 


ロビーのソファーで過ごす

羽田空港国際線旅客ターミナル内では、ソファーなどで過ごすことも可能です。コンビニが近い1階のベンチ、2階到着ロビーと3階出発ロビーのソファーは、誰かしら夜を明かす人がいるはずです。ほかのフロアにも、ソファーやベンチは数カ所あります。

 

寝心地がいいとまでは言えませんが、仮眠くらいはとれるでしょう。ただし冬は場所によって寒くなるので、それなりの対策が必要です。また警備員や清掃員もいますが、荷物を放置したまま寝るのは防犯上危険なので、その点には充分気を付けてください。今回紹介したように、羽田空港の早朝便を利用するときは、意外にもいろいろな行き方、過ごし方があります。前日から空港に便利なホテルで宿泊したり 、空港で夜を明かすのも旅の1コマ。自身に適した過ごし方を選択してみてはいかがでしょうか。

 


TOP