COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2016/06/29

国内線の飛行機内に持ち込めないものとは

国内線の飛行機に乗るときは、機内に持ち込みをしてはいけないと指定されたものがいくつかあります。荷物検査をするときになって慌てることがないよう、飛行機内に持ち込めないものを知っておきましょう。ここでは機内に持ち込む手荷物について、注意すべきポイントを紹介します。また、国際線とは決まりが異なりますので、ご注意ください。

飛行機に手荷物を持ち込む方法

まず、飛行機を利用する際の手荷物は、飛行機の中へ「持ち込む」手荷物と、一旦、出発ロビーの手荷物カウンターに預けて、飛行機の貨物室に入れて運んでもらう「預ける」手荷物の2種類があります。このうち、機内に持ち込める手荷物はハンドバッグ、カメラ、傘などの「身の回り品」1個と、サイズと重量が一定範囲内の「手荷物」1個のみと決められています。

スーツケースなどの大きなものは預けるべき手荷物です。さらに、サイズや重量が機内持ち込み品の基準を超えている場合は、たとえベビーカーや土産物の袋など身の回りに置きたい手荷物であっても、預ける手荷物となります。

国内線の機内に持ち込める手荷物の大きさ

では、機内に持ち込める手荷物のサイズは、どのようになっているのでしょうか。たとえば日本航空(JAL)の場合、飛行機の座席数が100席以上なら、手荷物の3辺の合計が115cm以内(幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内)、100席未満なら、3辺の合計が100cm以内(幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内)と決まっています。また、機内に持ち込む身の回り品1個と手荷物1個の合計重量が、10kgを超えてはいけないという条件もあります。

なお、手荷物カウンターに預ける荷物も、サイズと重量が決まっています。こちらは50cm×60cm×120cm以内(ただし、スキー板やサーフボードなどは預けられます)、重量は合計20kgまでの手荷物(個数の制限はありません)なら無料となっています。規定を超えるサイズや重量の手荷物は、さらに別の条件が細かく決められています。国内線の機内に持ち込める手荷物については、各航空会社によって条件が異なるのでよく確認しましょう。

国内線の飛行機内に持ち込めないもの

国内線の機内に持ち込めないものには、次のようなものがあります。参考にしたのはこちらも日本航空による規定であり、航空会社によって若干の違いがあるので注意してください。

ライターなどの危険物

大前提として、爆発の恐れがあるもの、燃えやすいものは、航空法により航空機での輸送が禁止されています。喫煙用ライター、安全マッチは、喫煙用のものに限って1人1個までなら機内に持ち込めます。

ただし、吸収剤(綿)が入っていないオイルタンク式ライターは、機内に持ち込むことも預けることもできません。さらに、青色の強力な炎を出す葉巻用ライターも機内持ち込みも預けることも不可です。

工具、ハサミ

金槌、ドライバーなどの工具類、ハサミ、ナイフなどの刃物類は、凶器となりうるため基本的に機内持ち込みができません。あらかじめ、手荷物カウンターに預ける必要があります。ただし、T字のカミソリや眉毛を剃ったりするときに使う小さなカミソリは、刃が4cm以下の長さなら機内に持ち込むことができます。

液体類

国内線では、ノンアルコールのペットボトル飲料は、機内に持ち込めます(国際線では不可)。ただし、開封済みのペットボトルは、手荷物検査で係員によって中身を確認されることがあります。また、アルコール飲料であっても、アルコール度数が24%~70%のものは、一人5リットルまで持ち込みは可能です。でも機内で飲む場合は、航空会社によっては制限がありますので、確認をしてください。

化粧品は、さらに細かい条件が決められていますが、基本的に爆発の危険性のあるガス充填式スプレー品でなければ持ち込みが可能です。赤ちゃんのミルクなどは機内に持ち込めるので安心してください。ただし、スムーズに検査を済ませるために、ミルクを持ってきていると事前に係員に申し出た方がいいでしょう。

国内線の飛行機で運ぶ手荷物には、以上のように細かいルールが定められていることを覚えておきましょう。もし持ち込めるかどうか不安なものがあるなら、手荷物カウンターに荷物を預ける際に係員に聞いてみることです。また、利用する航空会社のWEBサイトには手荷物についての記述があるので、そこで確認してみるのが確実です。ぜひ参考にしてみてください。

羽田空港に便利な相鉄フレッサインはこちら

TOP