COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2016/06/21

格安航空会社(LCC)を利用するメリット、デメリット.

最近、旅慣れた人は格安航空会社(LCC)を使う、という話を耳にしたことはないでしょうか。大手航空会社を利用するのとは何がどう違うのか、メリットやデメリットはどのような点なのか、ここでは今話題の格安航空会社について解説します。

格安航空会社(LCC)とは

格安航空会社とはサービスの簡素化、運行の効率化、旅行会社などを通さない直接販売など徹底したコスト削減によって、低価格の運賃を実現している航空会社のことです。英語にすると「Low Cost Carrier」、略してLCCと呼ばれます。

2012年3月に、日本初の本格LCCとして就航したピーチ・アビエーション、日本の航空輸送業における規制緩和政策で、新規参入航空会社1号として設立されたスカイマーク、そのほかジェットスター・ジャパン、バニラエアなどがよく知られています。

格安航空会社と大手航空会社の違いは?

通常、格安航空会社では機内のシートピッチ(前後の座席の間隔)を大手航空会社よりも狭くしています。このことで乗客を大手航空会社よりも多く運ぶことができ、その分、正規運賃を安く設定できるわけです。こうした工夫は、ほかにも随所に見られます。

食事や飲み物といった機内サービスは、格安航空会社では用意されていないか有料となっています。機内に持ち込める手荷物の重量やサイズの制限も厳しく、手荷物を貨物室に預けるときも、有料になることがほとんどです。機内設備も簡素化されており、飛行機も大型機ではなく、出来るだけ空席が出ない中型機が多く使用されています。

そして、運行スケジュールも稼働率を高めることを優先して考えられています。さらに、チケットもインターネットによる直接販売に特化するなど、格安航空会社はあらゆる点で大手航空会社とは異なる手法を採用していると言えます。

格安航空会社を利用するメリット

では、消費者にとって格安航空会社を利用するメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。最も大きいメリットは当然、料金が安くなることです。荷物は最初から少ない、基本的に目的地まで運んでくれればほかのサービスは必要ない、という方にとっては、格安航空会社はうってつけの移動方法です。

また、時期や空席状況によっては、さらに安いセール商品、バーゲン商品が出ることもあります。ネットを通じて自分自身でチケットを取得できるので、安くなるタイミングを見計らってチケットをゲットするなど、密かな駆け引きめいた楽しみを味わうこともできます。旅慣れた人ほど、格安航空会社のメリットを享受しているというのは、こうした点によるところが大きいと言えます。

格安航空会社を利用するデメリットは?

一方、格安航空会社にはデメリットもないわけではありません。そもそも、自力でチケットと座席を確保するのが面倒、と感じる方もいるでしょう。また、機内食を予約したり、荷物を預けることをわざわざ申請したり、オプションのサービスに対して別途料金がかかるのが煩わしいという面もあります。こうしたオプションをつけてしまえばチケットの値段が高くなり、結局安いというメリットが薄れてくるのも事実です。

また、チェックインカウンターの場所がターミナルの端の方にあることが多く、しかもカウンターの数が少ないという意外な不便さもあります。搭乗時刻まで時間がないときは、空港に着いてから少々慌てるかもしれません。さらに、飛行機の便の変更や払い戻しを行うときは、手数料が大手航空会社よりも高くつくケースがあります。

格安航空会社は、こうしたメリットとデメリットをよく理解した上で利用することが大切です。チケットの安さにはその理由があります。ただし、旅行をする機会が多い方であれば、一度格安航空会社を体験して、自分に合うか合わないかを試してみるのもいいのではないでしょうか。

TOP