COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2016/08/16

銀座周辺の観光スポットのご紹介

ウィンドウショッピングをしながら歩いているだけでも特別な気分になってくる街、銀座。そこには一度は足を運びたい観光スポットがいくつもあります。今回は、銀座周辺にある観光スポットを厳選して紹介します。

(2016年6月時点の情報です)

歌舞伎座

2013年3月に開場式を行い、「第5期 歌舞伎座」としてスタート。4階建ての和風の桃山様式による建物に加え、高層オフィスビルである歌舞伎座タワーと、東銀座駅に直結した地下広場である木挽町広場も併設されています。一度は歌舞伎を見てみたいという初心者なら、好きな幕だけを気軽に鑑賞できる一幕見席という自由席がおすすめ。

歌舞伎に関する展示品などを鑑賞できる歌舞伎座タワー5階の歌舞伎座ギャラリー、歌舞伎座の真上にある屋上庭園、限定スイーツやグッズが売られている木挽町広場は一見の価値ありです。

アクセス:東京メトロ日比谷線、都営浅草線「東銀座」駅直結。

東京国際フォーラム

東京国際フォーラムは、もともと都庁が新宿に移転した際、その跡地に作られた施設です。大小8つのホール、34の会議室などがあり、国際会議、式典、コンサートなどさまざまな目的で利用されています。

東京国際フォーラムは、ビジネスコンベンションのイメージが強い施設かもしれませんが、美しく特徴的なガラス棟、各所に配置されたアートワークなどの見どころも数多くあります。一般の方も気軽に立ち寄れるスポットです。

ほかにもビアガーデンや骨董市、フリーマーケットなどが催されるほか、夜に足を運ぶと独特の雰囲気があり、夜まで開放されているガラス棟7階のラウンジは、夜景の穴場スポットとなっています。

営業時間:9時~17時

アクセス:JR「有楽町」駅より徒歩約1分。

キヤノンギャラリー銀座

キヤノンギャラリー銀座は、銀座3丁目の昭和通りと並行した通りに建つビルの1階に、ショールームと併設されている写真中心のギャラリーです。小さなギャラリーですが、有名写真家の個展や写真コンテストの受賞作品展が開かれていて、誰でも無料で入場でき、落ち着いた雰囲気で鑑賞することができます。

銀座に位置するためアクセスがよく、気軽に立ち寄れるスポットなので、写真に興味がある方なら訪れてみて損はないでしょう。

営業時間:10時30分~18時30分(写真展最終日は 15時まで)

アクセス:都営地下鉄「東銀座」駅より徒歩2~3分。

三井記念美術館

江戸時代以来300年の歴史の中で収集されてきた、旧財閥三井家の伝来品を収蔵展示する三井記念美術館。中央通りに面した三井本館の7階にあり、この建物や美術館へ上るエレベーターは格式あるレトロな雰囲気を漂わせています。

展覧会は年に5回ほどテーマを設けて開かれます。ホームページではその詳細のほか、割引引換券も入手できるので、出掛ける前に覗いてみるといいでしょう。

営業時間:10時~17時(16時30分まで入館可)

アクセス:東京メトロ銀座線「三越前」駅より徒歩約1分。

有楽町センタービル(有楽町マリオン)

有楽町マリオンという通称で知られている、有楽町センタービル。本館の西側は阪急デパート、東側はルミネ有楽町という大きく2つのショッピングセンターで構成されています。映画館が複数あり「マリオン映画街」とも呼ばれていて、同一施設内に入居する映画館の総座席数は日本最多を誇ると言われています。

 

そして最もよく知られているのが、ビル正面のからくり時計「マリオン・クロック」でしょう。午前10時~午後10時までの毎正時に動き出すからくりの演出は、1984年のオープン当初から話題になり、今も時間が来れば道行く方たちの視線を集めています。銀座、有楽町での観光スポットと言えばやはりここでしょう。

 

営業時間: 7時~23時

アクセス:JR「有楽町」駅より徒歩約3分。

 

銀座の有名な観光スポットは、テレビなどで見て知っているつもりになっていても、実際に行ってみれば何かしら発見があるものです。今までと変わらないものと、変わっていくもの、その両方に出会える銀座にぜひ足を運んでみてください。

 

相鉄フレッサインでは、2016年10月1日 相鉄フレッサイン 銀座七丁目がオープンいたします。

銀座の観光にとても便利なホテルです。

 

相鉄フレッサイン 銀座七丁目はこちら

 

東京都内の相鉄フレッサインはこちら

 

 

TOP