COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2017/02/01

出張のお土産の選び方と相場について

出張したら会社用にお土産を購入するべき?

出張したときにはお土産を買って帰るものなのでしょうか。特に自分の職場用にお土産を買うかどうかは、微妙な問題です。出張はあくまで仕事で行くものなので、何も買って帰らなかったとしてもそれをおかしく思う人はあまりいないでしょう。ただ、出張する機会が多い人なら、2、3回に1度くらいはお土産を買って社内で配れば喜んでもらえるのではないでしょうか。普段はあまり行く機会がないような土地に行ったときも、お土産があれば会社で話題になって盛り上がるはず。それがちょっと気の利いたお土産だったりすれば、あなたの株もアップするに違いありません。

出張のお土産の選び方

では、出張のお土産はどんなものを選ぶべきか、参考になりそうなポイントを挙げてみましょう。
・個包装になっていて、賞味期限が長いものを選ぶ
会社用のお土産を選ぶときには、この2つを条件にするのが鉄則です。個包装なら社員一人ひとりに配れて、そのままカバンに入れて持って帰ることもできます。賞味期限が短い生菓子などは避け、後日、受け取る人がいても大丈夫なように、数日は日持ちするものを選ぶのも必要な配慮です。
・その土地で有名な名物を選ぶ
お土産を配ったときに喜んでもらうには、なるべくその土地でしか手に入らないものを選ぶようにすることです。その土地の名前がついていても、ほかの地方でも売っていそうなものだとありがたみも減ってしまいます。おいしいもののほうがいいのはもちろんですが、少し癖があっても現地では有名な名物を持って帰ったほうが特別感もあって話のタネになるでしょう。
・事前にリサーチして、狙いを定めて買う
とはいえ、出張先では時間がなくてお土産を探すのは大変ということもあるでしょう。今はネットで調べればローカルな情報も手に入るので、事前に買う商品もお店も決めておけば出張中の手間や時間が節約できます。また、行く前に、お土産を渡す社員に聞いてしまう方法もあります。現地に詳しい人がいるならその人に聞けば、適したお土産候補を挙げてもらえるでしょう。同僚などに率直にどんなお土産がいいと思うか相談してみるのもおすすめです。こんなときは女性社員のほうが、気持ちが伝わるお土産について適切なアドバイスをくれるのではないでしょうか。

では、出張のお土産はどんなものを選ぶべきか、参考になりそうなポイントを挙げてみましょう。

・個包装になっていて、賞味期限が長いものを選ぶ

会社用のお土産を選ぶときには、この2つを条件にするのが鉄則です。個包装なら社員一人ひとりに配れて、そのままカバンに入れて持って帰ることもできます。賞味期限が短い生菓子などは避け、後日、受け取る人がいても大丈夫なように、数日は日持ちするものを選ぶのも必要な配慮です。

・その土地で有名な名物を選ぶ

お土産を配ったときに喜んでもらうには、なるべくその土地でしか手に入らないものを選ぶようにすることです。その土地の名前がついていても、ほかの地方でも売っていそうなものだとありがたみも減ってしまいます。おいしいもののほうがいいのはもちろんですが、少し癖があっても現地では有名な名物を持って帰ったほうが特別感もあって話のタネになるでしょう。

・事前にリサーチして、狙いを定めて買う

とはいえ、出張先では時間がなくてお土産を探すのは大変ということもあるでしょう。今はネットで調べればローカルな情報も手に入るので、事前に買う商品もお店も決めておけば出張中の手間や時間が節約できます。また、行く前に、お土産を渡す社員に聞いてしまう方法もあります。現地に詳しい人がいるならその人に聞けば、適したお土産候補を挙げてもらえるでしょう。同僚などに率直にどんなお土産がいいと思うか相談してみるのもおすすめです。こんなときは女性社員のほうが、気持ちが伝わるお土産について適切なアドバイスをくれるのではないでしょうか。

出張のお土産の相場

お土産代が高くなって負担が増えるのも困ってしまいます。大体、2,000円以内に収まるくらいが相場でしょう。アンケート調査などを見ると1,000~2,000円で買うという人が最も多く、高くても3,000円以内という人と合わせて半数以上を占めるようです。もっとも、配る人数が増えればそれだけ個数を買う必要が出てきます。一番気をつけたいのは数が足りなくなってしまうことなので、購入すべき数が多いなら値段も少し安いものにするなどバランスをとってください。

出張のお土産を買うと決めたら、どんなお土産が喜ばれるか、もらう側の気持ちも想像しながら選ぶことが大切です。少しだけ気を配って考えることで、心の通ったお土産になるでしょう。
出張に便利な相鉄フレッサインはこちら
関連記事
TOP