COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2018/02/13

飛行機が欠航になってしまったらどうする? 払い戻し方法とは

どんなに万全の準備をしていても、直近になってみないと分からないのがお天気というもの。せっかく楽しみにしていた旅行なのに、運悪く台風や大雪で飛行機が欠航してしまう可能性もゼロではありません。そこで今回は、飛行機が欠航になってしまった場合の対応について、払い戻しの方法と併せて解説していきます。

飛行機が欠航になってしまう主な理由

電車やバスなど、時間通りに運行する公共機関に慣れていると、飛行機もそういうものだと思ってしまいがちですが、残念ながら飛行機には欠航はつきものと言えるほど、運航スケジュールは乱れます。

では、どのような状況で飛行機は欠航するのでしょうか。主な原因としては、地震や火山噴火などの自然災害による影響、台風や大雪といった悪天候、そして機材やシステムの故障など。中にはパイロットの体調が悪くなったのに、代わりのパイロットが用意できないという、レアなケースが原因で欠航することもあります。

飛行機が欠航になってしまったときの払い戻し方法

では、実際に飛行機が欠航になってしまったときには、どうすれば良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ツアー旅行と個人旅行で飛行機のキャンセル方法は異なる

ツアー旅行の場合、飛行機の欠航時にはキャンセルが認められ、キャンセル料等がかからずに旅行代金も全額返金されるのが一般的です。

一方、個人旅行の場合は、自分で航空会社へ連絡を入れてキャンセルの手続きをします。航空会社によっては全額返金とならないところもあるため、チケットを購入するときにしっかりと確認しておくと良いでしょう。

また、個人旅行の場合には航空券だけでなく、ホテルのキャンセルも手配しなくてはいけません。

払い戻し期間内に手続きを行う

予約していた飛行機をキャンセルしたら、航空券の「払い戻し期間内」に、必ず払い戻しのための手続きを行いましょう。手続きは各航空会社のホームページ、または電話にて行います。

翌日の便への振替は原則無料

旅行をキャンセルしない場合は空港周辺のホテルに宿泊して、翌日の便に変更する方法もあります。天候が原因で欠航している場合は、同じ航空会社の別便でなければ変更できませんが、欠航の原因が飛行機の不具合などの場合は、その時の運航状況にもよりますが、他の航空会社の飛行機にも振り替えることも可能です。

また、基本的に飛行機の振替は無料となり、振替に伴う宿泊料も、往路便のみ航空会社の負担となるのが一般的です。

旅行保険に入っておくと保障される内容

国内旅行保険や海外旅行保険に「航空機遅延費用等補償特約」が付帯されている場合、搭乗予定の飛行機が遅延や欠航した場合に、宿泊費用や食事代などを負担してくれます。負担の範囲は保険会社によっても異なりますが、国内旅行の場合は最大で1万円、海外旅行の場合は最大で2万円程度の補償が一般的です。

ただし、特約でカバーしてもらえるのはあくまでも宿泊費や食事代のみで、航空券代は補償されません。

もし、自分の都合で飛行機をキャンセルした場合にその代金を補償するのなら、「旅行変更費用補償特約」や「キャンセル保証付き旅行保険」に、別途加入するようにしましょう。

もしもの事態に備え、払い戻しの方法は旅行の前に知っておきたいものです。

また、運悪く飛行機が欠航してしまった場合でも補償を受けられるように、飛行機を利用する旅行の際は、事前に旅行保険へ加入することをおススメします。

関連記事
TOP