COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2018/02/27

日帰りだけどホテルを利用したい......デイユースプランとは?

仕事の出張や日帰り旅行中などで、仮眠や休憩をしたいと感じたことはありませんか?そんなときは、デイユースプランを提供するホテルを利用してみてはいかがでしょうか。 聞きなれない単語かもしれませんが、このプランを上手に利用すれば、空いた時間を有効に活用することができます。今回は、デイユースプランの概要と、主な利用シーンについてご紹介します。

デイユースプランとは?

まず、デイユースプランとは、宿泊をせずに一定の時間ホテルの部屋を借りるプランを指します。一般的には、お昼から深夜0時まで、夕方から22時までなど、日中のうち数時間をデイユースプランとして設定しています。

デイユースプランの利用シーンとメリット

デイユースプランは、ビジネスからプライベートまで、お気軽にご利用頂けるプラン。さまざまな使い方がありますが、ここでは具体的な利用シーンと共に、デイユースプランのメリットをご紹介します。

仮眠スペースとして利用する

「夜勤明けで疲れているので、少し眠りたい」、「仕事の合間に仮眠を取りたい」。そんなときは、デイユースプランを利用して、ホテルで仮眠を取ってはいかがでしょうか。

しっかりとしたベッドや枕で眠ることができるため、リラックスして仮眠を取りたい方におすすめです。

一人で集中して仕事をしたいときに利用

出先で仕事をする時、カフェなどを利用して作業する方もいるのではないでしょうか?

しかし、カフェによっては騒がしいと感じたり、インターネット環境が良くなかったりと、集中して作業ができないこともあります。

こんなとき、デイユースプランを利用すればホテルがオフィスの代わりとして機能します。インターネット環境や電源など各種設備も整っており、静かな個室で集中して作業を進めることが可能です。

飛行機や新幹線の出発までの休憩所に利用

出張や旅行などで、飛行機や新幹線を利用するとき、長い待ち時間が発生することがあります。そんなときは、デイユースプランでホテルを休憩所として利用してみましょう。

待ち時間の間に食事をしたり、身だしなみを整えたりと時間を有効に活用できます。

突発的な体調不良に利用

もし、出先で急に体調が悪くなってしまったときは、デイユースプランで休まれてはいかがでしょうか。ただし、あまりにも突発的な場合は予約が取れない場合もありますので、ご注意ください。また、休憩をされても体調不良が続く場合は、無理をせず病院へ向かい、受診することをおすすめします。

相鉄フレッサインのデイユースプランの内容

このように、ホテルのデイユースプランにはさまざまなプランと活用法があります。

例えば、相鉄フレッサインのデイユースプランでは、施設内にインターネット環境が完備されており、パソコン作業など行いやすい環境です。また、2ピースワッフル生地のパジャマや、アメニティなども用意され、リラックスした服装で仮眠や休憩をしたいときに嬉しいサービスを揃えています。

プランについては、午後0時から午後5時まで最大5時間利用できる「デイユースプラン」と、午後0時から翌午前0時まで最大12時間利用できる「ロングデイユースプラン」をご用意しています。ただし、ホテルによって内容が若干異なる場合がありますので、詳しい内容はご利用になるホテルにお問い合わせください。

デイユースプランは、さまざまなシーンで気軽にホテルを利用できます。出張や日帰り旅行などで、日中の空き時間を有効に使いたいとお考えの方は、ぜひ利用してみてください。

関連記事
TOP