COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2018/03/13

どうすればお得に泊まれる? ホテルの予約の取り方

出張や旅行などで、ホテルを利用する方は多いと思いますが、同じホテルでも予約の取り方で価格が異なることがあります。今回は、お得に泊まるために知っておきたい、ホテルの予約方法についてご紹介します。

ポイント1:宿泊の30日以上前から予約を行う

飛行機の航空券の早割と同様に、早めに予約することで料金が割引されるプランがあります。この割引は、30日以上前からの予約で割引になるのが一般的。

通常、予約するタイミングが直前になればなるほど宿泊料金が上がっていきますので、もし出張や旅行の予定がすでに決まっているのであれば、早めのご予約がとてもお得です。

一方、このような早期予約のデメリットとして挙げられるのが、プランによっては宿泊日の変更や予約の取り消しができないものがある、という点です。急な予定変更にも対応できるように、必ずプランの内容をしっかり確認することをおすすめします。

ポイント2:直前割引を狙う

早期予約とは反対に、宿泊直前で予約がキャンセルされた部屋を、正規料金から割り引かれて提供されるプランは「直前割引」と呼ばれます。直前割引の対象となるのは、宿泊当日に予約可能となるプランがほとんどです。そのため、お得に予約することができる一方で、泊まりたいと思った部屋を予約することが難しいというデメリットもあります。

また、当日だけでなく、予約キャンセルの都合で数日前から直前割引が適用されているものもあります。この場合、当日の直前割引に比べて割引率は下がってしまいますが、正規料金よりもお得に利用することが可能です。

ポイント3:ホテルの公式サイトから予約を行う

現在では、ホテルを予約するとき、複数のホテルを比較検討でき、正規料金よりも低価格で予約ができる、ホテル予約サイトを経由した宿泊予約が増えています。

しかし、場合によっては、ホテル予約サイトよりも、ホテルの公式サイトから直接予約した方がお得になることもあります。その理由は、ホテル予約サイトから送客した場合、ホテル側は予約サイトに手数料を支払わなければいけません。そのため、ホテル予約サイトに掲載される料金は、あらかじめ手数料が上乗せされた状態になり、ホテルの公式サイトに掲載された料金よりも高くなっていることがあるからです。※ただし、ホテルによっては、ホテル予約サイトに掲載している格安プランや、直前割引を販売していることもあります。

よりお得に宿泊されたい方は、ホテル予約サイトの情報だけでなく、ホテル公式サイトの情報も比較して、宿泊先を予約するのが良いでしょう。

ポイント4:新幹線、飛行機と一緒にホテルを予約する

出張や旅行の際は、乗車券や航空券と、ホテルの宿泊費がセットになったパッケージを利用するとお得です。このパッケージにはさまざまなものがあり、利用する交通機関や宿泊先のホテルの組み合わせも種類豊富。そのため、ある程度自由な範囲からプランを選ぶことができます。割引率はそれぞれの交通機関や宿泊先によって異なりますが、最大で60%割引になるものもあります。

このように、ホテルをお得に予約する方法にはさまざまなものがあります。

相鉄フレッサイン公式ホームページでは、早い時期のご予約がお得です。また、他ホテル予約サイトに比べ、常に最安値でご提供しておりますので、公式ホームページやアプリからご予約いただくのが一番お得です。※一部対象外あり。詳しくは、FAQよくある質問内、「Q. ベストプライス保証とはどのような特典ですか?」にてご確認ください。

ホテルを予約するときは、これらのサービスの利用を検討してみてください。

関連記事
TOP