COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2019/02/12

女子旅を思いっきり楽しむ! 横浜のおすすめ観光スポット

美しい港町・横浜は、洗練された都会の魅力と海辺の自然景観、文明開化の名残を感じさせる歴史的建造物など、フォトジェニックな見所がたくさんあります。そこで今回は、横浜の魅力的な観光スポットの中でも、女子旅にぴったりのおすすめスポットをご紹介していきます。(2019年2月現在の情報です)

世界各国からやってくる客船の発着場となっている「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」。ドラマや雑誌の撮影にも頻繁に使われている人気スポットで、豪華客船が行き交う姿は圧巻です。「くじらのせなか」の愛称で有名な屋上ウッドデッキからは、山下公園やマリンタワーなど横浜の街を一望することができ、特に夕暮れ後は幻想的な夜景を楽しむことができます。フォトジェニックなスポットとして女性に支持されています。

住所: 横浜市中区海岸通1-1-4(みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩7分)

営業時間: 24時間オープン(屋上デッキ・駐車場)

9:00~21:30(2F ※ホール利用: 9:00~22:00)

横浜開港時代の歴史と文化が詰まった西洋館が立ち並ぶ「山手西洋館」。山手エリア内にある数々の西洋館は全て入館無料で、異国情緒あふれるレトロな街並みをじっくりと時間をかけて見て回るのがおすすめです。石川町駅からスタートし、元町・中華街駅を目指すコース、もしくはその逆にするなど好みのコースを選んで、「横浜市イギリス館」「山手111番館」「山手234館」「エリスマン邸」「ブラフ18番」など多くの西洋館を見て回れます。季節ごとにイベントを行なっている場合もあるので、事前にホームページなどをチェックしておくといいでしょう。

営業時間: 9:30~17:00(7月~8月は18:00)

※開館日は各館で異なります

横浜の「みなとみらい21新港地区」にある「横浜赤レンガ倉庫」は、横浜を代表する人気観光スポットのひとつ。レストランやショップなど57のショップが入る文化・商業施設で、ショッピングやグルメを思う存分楽しむことができます。また、煉瓦造りが魅力的な外観は夕方になるとライトアップされ、ロマンティックな雰囲気に。遠くに見えるベイブリッジと共に、ぜひ写真に収めていただきたいスポットです。

住所: 神奈川県横浜市中区新港1-1(みなとみらい線「馬車道」「日本大通り駅」より徒歩約6分など)

営業時間: 10:00~19:00(1号館) 11:00~20:00(2号館)

カフェ・レストランの営業時間は店舗により異なります

みなとみらい21地区を見下ろす高台の動物園「横浜市立野毛山動物園」。同じ横浜市にある「よこはま動物園 ズーラシア」と比べると小規模ですが、園内ではライオンやトラ、レッサーパンダ、キリン、ワラビーなど動物を間近で見ることができます。入園料は無料なので、女子旅の空き時間にふらりと立ち寄って、かわいい動物たちに癒されてみてはいかがでしょうか。

住所: 横浜市西区老松町63-10(JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩約15分)

営業時間: 9:30~16:30(入園は16:00まで)

およそ2000坪という広大な敷地の中で1,800種類のバラを楽しむことができる、「横浜イングリッシュガーデン」。ほかにも、桜や紫陽花、コスモス、チューリップなど、四季折々の花々が美しい空間を作り上げています。また、専属ガーデナーが園内の植物について解説するガイドツアー(要予約)も人気となっており、お花好きの女性ならぜひ訪れたいスポットです。

住所: 横浜市西区西平沼町6-1 tvk ecom park内(相模線「平沼橋駅」より徒歩約10分)

営業時間: 10:00~18:00 (最終入園は17:30)

横浜観光でたくさん歩いたあとは、温泉施設「横浜みなとみらい万葉倶楽部」で女子旅を締めくくるのはいかがでしょうか。海を臨む露天風呂やみなとみらいの夜景が楽しめる足湯をはじめ、岩盤浴、マッサージなども充実していて、旅の疲れを癒すのにぴったりです。

住所: 横浜市中区新港2-7-1 (みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩5分)

営業時間: 24時間営業

横浜には女子旅にぴったりの観光スポットがたくさんあります。上記でご紹介した内容を参考にして、ぜひ女子旅が盛り上がるプランを立ててみてはいかがでしょうか。

おすすめのホテル

関連記事
TOP