COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2020/01/28

名古屋に来たらまずはここ! 名古屋の定番観光スポット7選

東京と大阪の真ん中に位置する名古屋。どちらからもアクセスが良く、週末の日帰り旅行にもおすすめです。名古屋駅周辺(名駅)にはひとりでも仲間と一緒でも楽しめる観光スポットが数多くあります。今回は、名古屋で人気の定番観光スポットをご紹介します。(2020年1月現在の情報です)

中部地方で一番の高さを誇る「ミッドランドスクエア」の45階と46階にある屋外型展望施設。地上220メートルの高さからは名古屋の街並みをほぼ360度一望することができます。夕暮れ時から夜にかけて表情を変える街並みは圧巻の美しさです。

住所: 名古屋市中村区名駅4丁目7-1(JR線「名古屋駅」から徒歩約5分など)

営業時間: 11:00~22:00(最終入場21:30)

「名古屋うまいもん通り」は、あんかけスパゲッティや台湾ラーメン、味噌カツ、ひつまぶしといった王道のなごや飯を楽しめるショップが並んだグルメスポットです。新幹線南改札口の太閤口エリアからあおなみ線改札口付近まで、魅力的なショップが続きます。

住所: 名古屋市中村区名駅1-1-4 JR名古屋駅構内

営業時間: 店舗ごとに異なる

JPタワー名古屋内の地下1階から3階に位置する中部エリア最大級の複合ビル。「なごやらしさと、あたらしさを。」をコンセプトにした、名古屋の食文化や慣習、ものづくり文化を伝える個性豊かな36店舗が入っています。

住所: 名古屋市中村区名駅一丁目1-1 JPタワー名古屋B1~3F(JR線「名古屋駅」から徒歩1分)

営業時間:フード11:00~23:00、ファッション・グッズ10:00~20:00

慶長20年、徳川家康が豊臣家の攻撃に備えるために構えた「名古屋城」。名古屋を代表する観光地のひとつで、金鯱が乗った国内最大級の天守閣は名古屋のシンボルともいえる存在になっています。残念ながら現在天守閣は閉館中ですが、絢爛豪華な本丸御殿や湯殿書院、黒木書院など、場内には見所が満載です。名古屋城の歴史を詳しく知りたい方は、「名古屋城観光ガイドボランティア」による無料ガイドを利用するのもおすすめです。

住所: 名古屋市中区本丸1-1(地下鉄名城線「市役所駅」から徒歩約5分)

開園時間:9:00~16:30(本丸御殿、西南隅櫓への入場は16:00まで)

名古屋観光の定番「大須商店街」は、「大須駅」から「上前津駅」にかけて広がる大きな商店街。古着屋や雑貨屋、着物屋、土産物屋から名古屋グルメを楽しめるショップが数多く並んでいて、ショッピングや食べ歩き、観光を存分に楽しめるスポットです。商店街の散策を楽しんだら、もうひとつの名所でもある「大須観音」にもぜひお立ち寄りください。「凶がよく出る」と言うことで話題のおみくじを引いて運試しをしてみるのもおすすめです。

住所: 名古屋市中央区大須(地下鉄鶴舞線「大須観音駅」、名城線「上前津駅」から徒歩すぐ)

営業時間: 店舗ごとに異なる

上野動物園に次ぐ国内第2位の来園者数を誇る「東山動植物園」。飼育種数は約500種と国内最多で、日本最大級のアジアゾウ舎や「イケメンゴリラ」として知られるニシゴリラなどを見ることができます。また、動物とふれあうことができる「こども動物園」や、遊園地なども併設されていますので、小さなお子さん連れの観光にもおすすめです。

住所: 名古屋市千種区東山元町3-70(地下鉄東山線「東山公園駅」より徒歩3分など)

営業時間: 9:00~16:50(入園は16:30まで)

113年に創建された歴史ある名社「熱田神宮」。三種の神器の一つである草薙剣をご祭神とする由緒ある古社で、広々とした境内にある信長塀や巨大な佐久間燈籠などが有名です。近年ではパワースポットとしても注目を集めており、特に「清水社」は美肌と眼にご利益があるとして、女性に人気です。

住所: 名古屋市熱田区神宮1丁目1-1(名鉄「神宮前駅」から徒歩3分)

開門時間:境内は終日参拝可能

名古屋を訪れる際には、上記でご紹介した内容を参考にして観光をお楽しみください。

おすすめホテル

関連記事
TOP