COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2020/03/10

未成年の学生だけでビジネスホテルに泊まれるの? 親の同意書は必要?

都心部や駅の近くなど好立地にありながら、宿泊料金が安めに設定されているビジネスホテル。受験や卒業旅行などで利用を検討されている学生も多いと思いますが、そもそも未成年の学生だけでビジネスホテルに泊まれるのでしょうか。今回はこの点について詳しく説明していきます。

未成年の学生だけで宿泊できるのか

ビジネスホテルに未成年の学生だけで宿泊できるかどうかは、宿泊施設によって対応が異なりますが、一定の条件を満たすことで未成年の学生だけでも宿泊可能なのが一般的なようです。

ただ、未成年の学生が一人で宿泊する場合、友だちと一緒に宿泊する場合、異性と宿泊する場合など、状況によっても対応が分かれるため、全てのケースで認められるとは限りません。

未成年の契約は親の同意が必要

ビジネスホテルに未成年の学生だけで宿泊する際の条件のひとつが、「親権者の同意書が必要」ということです。民法第5条「未成年者の法律行為」によって、「未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない」と定められています。

ホテルに宿泊する際にはホテルと利用者の間で「宿泊契約」というものが結ばれるのですが、この宿泊契約は5条で言うところの「法律行為」に該当するため、未成年の場合には法定代理人である親権者の同意書が必要というわけです。

ホテルによっては同意書を事前に郵送しなければならない場合もありますし、予約の段階から提出が必要な場合もあります。そのため、宿泊したいホテルが決まったら、すぐにホテルに問い合わせることをおすすめします。

※未成年の方だけでご宿泊する場合は、関係官庁の指導により保護者の方の同意が必要です。
>>詳しくはこちらをご確認ください。

男女で泊まる場合

では、未成年の男女がビジネスホテルに宿泊する場合はどうでしょうか。このケースでは青少年保護法や青少年育成条例などで、「18歳未満のみだらな性行為が禁止されている」と定められていることなどから、トラブルにつながる可能性があると判断し、宿泊を拒否されることもあるようです。

ホテルによって対応が異なるため、こちらも予約時にきちんと確認をしておくようにしましょう。

学生が泊まりやすい宿やプラン

・学生向けプランを利用する

ホテルの予約サイトなどでは、学生向けのプランを探すことが可能です。特に受験や卒業旅行のシーズンにはお得なプランが数多く登場するため、チェックしてみて損はないでしょう。

・ユースホステル

ユースホステルとは青少年に安全かつ安価な宿泊場所を提供しようという主旨で始まった宿泊システムで、世界中に4000以上の宿泊施設が設置されています。このユースホテルは現在では青少年に限らず誰でも利用することができ、会員登録することでさらにお得な料金で宿泊可能です。

未成年の学生だけであっても、条件をきちんと満たしていればビジネスホテルに泊まることは可能です。ぜひ上記の内容を参考にして、宿泊先を探してみてはいかがでしょうか。

おすすめホテル

関連記事
TOP