COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2020/04/14

デュベスタイルとは? 羽毛布団を使った寝心地の良いベッドメイク

ベッドメイクのスタイルで近年人気のある「デュベスタイル」をご存知ですか? 伝統的なベッドカバーによるメイキングよりも寝心地が良いことで知られるスタイルです。そこで今回は、今注目の羽毛布団を使った寝心地の良いベッドメイク「デュベスタイル」について詳しく解説します。

デュベスタイルとは

デュベスタイルとは、羽毛布団をシーツで包んだベッドメイキングの方法で、ここ数年、国内外の多くのホテルが採用しています。「羽毛」を意味するフランス語「デュベ」から、「デュベスタイル」と言われるようになったとされています。

従来は、ベッドカバー(掛け布団)とシーツをかけたマットレスの間に、さらにシーツを1枚挟み込むベッドメイキングが伝統的なスタイルとされていました。しかし、マットレスに挟み込まれた2枚のシーツの間に身体を入れて眠るため、圧迫感が気になるという方も多かったようです。

従来のベッドメイキングの手順

ベッドメイキングにはいくつかの方法がありますが、マットレスのメイキングは基本的に同じです。まず、寝ている間の汗などを吸収するための「ベッドパッド」をマットレスの上に敷き、その上からさらにシーツを掛けます。ホテルで使われているシーツは「メイキングシーツ」と呼ばれるフラットなタイプが一般的です。

次に、掛け布団のメイキングを行うわけですが、従来の方法とデュベスタイルではその手順が異なります。では、まず従来のベッドメイキングの手順について詳しく見ていきましょう。

1.マットレスの上にアッパーシーツを掛ける

シーツをかけたマットレスの上に、アッパーシーツを掛けます。アッパーシーツは、ベッドカバーの首元部分の折り返すシーツのことで、ベッドカバーが汚れるのを防ぐ役割があります。通常、アッパーシーツの足下部分は袋状になっていますが、フラットなメイキングシーツでも代用可能です。

2.アッパーシーツの上にベッドカバーをかぶせる

アッパーシーツの上にベッドカバーを掛けます。ベッドカバーはベッドをすっぽりと覆うボックスタイプや、サイドがフリルになっているタイプがありますが、基本的なセッティング方法は同じです。

3.ベッドカバーの首元でシーツを折り返す

ベッドカバーの下に敷いたアッパーシーツを首元で折り返します。こうすることで、ベッドカバーの汚れ防止にもなります。

デュベスタイルのベッドメイキングの手順

次に、近年国内外のホテルで流行しているデュベスタイルの手順について詳しく見ていきましょう。尚、デュベスタイルのベッドメイキングをするには、デュベタイプの羽毛ベッドカバーを使う必要があります。

1.羽毛インナーをカバーの中にセットする

羽毛インナーと呼ばれる掛け布団をデュベカバーの中にセットします。デュベカバーには出し入れ口が付いているため、そこから手を入れて羽毛インナーの位置を調節します。

2.足元をマットレスに巻き込む

羽毛インナーがセットできたら、就寝中にデュベカバーがずれてしまわないように、足下部分をマットレスの下に挟み込んでおきます。

ベッドメイキングはそのホテルの質を表すものと言っても過言ではありません。ホテルに宿泊する際には、ベッドメイキングに注目してみてはいかがでしょうか。

おすすめホテル

関連記事
TOP