COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2021/06/22

スポーツ観戦時の持ち物や服装とは?

最近はデートとしても人気の高いスポーツ観戦。慣れていないと、どんな服装で行けばいいのか迷いますよね。女性は特に、スカートよりもパンツ? 靴は? バッグは? 悩みはじめるとキリがありません。

そこで今回は、気になるスポーツ観戦時の持ち物や服装について説明します。ポイントをおさえて、オシャレと試合を楽しみましょう。

スポーツ観戦時の服装のポイント

スポーツ観戦時の服装は、以下のポイントをおさえて選ぶようにしましょう。

・動きやすい服装を選ぶ

スポーツ観戦時の服装選びのポイントは、動きやすさが一番です。足元はスニーカーやスリッポン、フラットシューズがおすすめです。階段の上り下りや、立ったり座ったり、動き回ることも多いので、男性も女性も、疲れにくい靴を選びましょう。また、スポーツ観戦はたいてい長丁場なので、リラックスできることも重要です。

女性はパンツスタイルが好ましいですが、スカートを履きたいときは、ひざ下よりも長い丈を選びましょう。ロングワンピースも良さそうです。ミニスカートなど過度な露出は避けた方が無難です。

・荷物はコンパクトに。ショルダーが便利

スポーツ観戦の席に荷物置き場はないことが一般的です。観客席の椅子の下か、膝の上に置くことになるので、できれば荷物はコンパクトにまとめましょう。肩にかけられるものだと膝上から落ちる心配もないので安心です。必要最小限の荷物にして、ショルダーバッグ、クロスボディバッグやサコッシュに入れて持ち歩けるようにしておけば、トイレや売店に行くときにも便利です。

・チームカラーを取り入れる

スポーツファンはよくユニフォームを着たりしますが、初心者はまず、応援するチームのカラーを服装に取り入れてみるのもよいでしょう。靴下などの小物なら、誰でも取り入れやすいですね。また、服装を決める際には対戦チームのカラーは避けるようにしましょう。

・季節にあった対策をする

屋外のスポーツ観戦なら、日よけに帽子やサングラスを取り入れましょう。日焼け対策、防寒対策には羽織ものが便利です。カーディガンやジャケット、マウンテンパーカーなど、脱ぎ着できるもので調節するとよいでしょう。

スポーツ観戦時にあると便利な持ち物

スポーツ観戦時には以下のアイテムがあると便利です。必要に応じて持参しましょう。

・現金、キャッシュカード

試合会場で飲み物や食べ物、グッズを購入するとき、現金だけしか使えない、またはキャッシュレス決済しか対応していない(電子マネーかクレジットカードのみ)など、会場やイベントによってさまざまです。どちらの場合でも困らないように、両方用意しておくと安心です。

・ウェットティッシュ

試合の合間に食べたり飲んだりして手が汚れることもあるので、ティッシュのほかに除菌できるウェットティッシュがあると快適です。

・ビニール袋

観戦中は席から移動しづらいので、ゴミを入れておけるビニール袋があると便利です。座席にゴミを残して帰るのはマナー違反。会場のゴミ箱に分別して入れられるよう、ビニール袋は数枚持っておくとよいでしょう。また、荷物はほぼ地面に置くことになるので、汚れるのが嫌な方は、荷物が入る大きめなビニール袋を用意することをおすすめします。

・手持ち扇風機

手持ち扇風機は、夏のレジャーシーンには欠かせないアイテム。特に屋外のスタジアムでは重宝するでしょう。モバイルバッテリーとしても使えるものもあるので、スマートフォンの充電切れ対策にもなります。

・ブランケット

スタジアムなどの座席は、冬場は特に冷たく、お尻から冷えてきます。また、プラスチックなどの硬い素材が多く、長時間座っているとお尻が痛くなってしまうことも。ブランケットがあれば、膝にかけることはもちろん、座布団のようにお尻に敷くこともできます。

・雨具・ポンチョ

屋外でのスポーツ観戦に雨はつきもの。雨が降っても全力で試合が楽しめるように、雨具を用意していきましょう。頭から被るだけのポンチョなら、雨風がしのげて防寒対策にもなります。

スポーツ観戦は試合が長時間に渡ったり、ベンチが硬かったりする上、屋外だと天候によってもなかなか厳しい環境ですが、それでも会場で感じる熱気や盛り上がりは格別です。試合を100%楽しむためにも、スポーツ観戦の際は、上記を参考に持ち物や服装を考えてみてください。

関連記事
TOP