COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2021/08/24

ビジネスホテルでの防音対策は? 周りの音が気になる時の対処法

快適なホテルステイを考えたとき、気になってくるのが音の問題です。手頃な価格で泊まれるビジネスホテルでの音にはどのようなものがあるでしょうか。また、どのような防音対策があるのか、気になるビジネスホテルでの音の対策についてご説明します。

ビジネスホテルの音で気になるのは?

ビジネスホテルで音が気になる場合は、以下のようなケースでしょう。具体例を挙げてみます。

・外の騒音が気になる

ビジネスにも観光にも使いやすいビジネスホテルは、空港や駅の近くなどアクセスの良いところにあることが多く、便利さの反面、電車や車の騒音が気になるということも。電車の発車ベルや飛行機の飛び立つ音などは、早朝から深夜まで断続的に続くので、防音対策をしていないホテルでは落ち着けない可能性もあります。

また、繁華街の近くにあるホテルでは、外を歩く人の話し声や笑い声が気になることもあるかもしれません。心配な場合は、事前にホテルに確認するか、口コミサイトをチェックしておきましょう。


・隣室の音が気になる

「寝ること」をメインにしているビジネスホテルでは、防音対策に力を入れているところもありますが、逆に、防音対策が施されていないホテルもあります。壁が薄い場合は、隣の部屋の声や物音が聞こえる、廊下の話し声やドアを開け閉めする音が気になる、ということもあるでしょう。


・自室の音が漏れていないか気になる

ホテルで騒音が気になった経験がある人ほど、自室の音も漏れているのでは……と不安になるものです。子ども連れの場合は子どもの声や足音に気を遣ったり、夜遅くまで起きている場合はシャワー音やテレビの音などが隣室に迷惑なのではと心配になる人もいるでしょう。

外の騒音や隣室の音への対策

空港や駅の近くにある多くのホテルでは、外窓を二重構造にしたり、防音ガラスにしたりして防音対策をしているところもあるようです。

外の騒音や隣室の音が気になってあまりにひどい場合は、ホテルのスタッフに伝えて対応をお願いしましょう。隣室のお客様へ注意を促したり、空室があれば部屋を変えてもらえる場合もあります。

また、自分でできる対策としては、耳栓をするのが一番です。自分ですぐにできますし、100円ショップやドラッグストアなどでも買えるアイテムです。旅行慣れした方は事前に用意しておいて、宿泊や移動の際には耳栓で対策をするそうです。ヘッドホンで音楽やラジオを聴くのもおすすめです。

自室からの音漏れへの対策

自室からの音漏れは、過剰に気にする必要はないでしょう。自分が思っているほど、他人は気にしていないかもしれません。ただ、ホテルによっては、ひどく音漏れするところもあるので、仕事などで「電話の内容を聞かれると困る」という場合には、隣室にも配慮して、外に出て電話をするなどの対策をしましょう。

リーズナブルに泊まれるビジネスホテルは、防音対策がまちまちで、万全でない場合もあります。ビジネスホテルで快適に過ごすために、上記を参考にしてみてください。

関連記事
TOP