COLUMN / コラム COLUMN / コラム

2021/09/14

リモートワークにも使える? ホテルに長期滞在する際のポイントやメリットとは

感染症対策やリモートワークの普及で、暮らし方や働き方が大きく変化しています。そのなかで、新しい住まいの形として注目されているのが、ホテルの長期滞在です。こちらの記事では、ホテルに長期滞在する際のポイントやそのメリットについて解説します。

長期滞在できるホテルが増えている理由

度重なる緊急事態宣言の発令は、旅行業界やホテル業界にも大きな影響を及ぼしていて、以前よりも旅行客が減少している状況です。そこで打開策の一つとして登場したのが、ホテルの長期滞在プランです。比較的リーズナブルな値段で長期宿泊ができることで、グループでの旅行を避けて一人旅を楽しむ方が利用するケースも増えています。

また、感染症対策として多くの企業がリモートワークを導入し始めたことで、ホテルの長期滞在は落ち着いて働くことができる環境を求める方たちにも好評です。

長期滞在するホテルを選ぶ際のポイント

ホテルでの長期滞在に興味はあるけれど、実際にどういったホテルを選べばいいか迷っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、長期滞在するホテルを選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

・長期宿泊ができるプランがある

「一泊の料金×宿泊日数」ではなく、割引が適用される長期宿泊プランやマンスリープランがあるホテルを選ぶと、お得に宿泊できます。

・通信環境や設備が整っている

リモートワーク中の仕事場としてホテルの長期滞在を利用する場合には、Wi-Fiなどの通信環境をはじめ、プリンターの有無、デスクワークしやすい椅子や机が揃っているかどうかも事前に必ず確認しておきましょう。

・近隣施設など利便性はどうか

ホテル暮らしの場合、外食が多くなるため、ホテル近隣に飲食店やコンビニなどの施設があることも重要なポイントのひとつです。駅までの距離やコインランドリーの有無も確認しておくといいでしょう。

ホテルでの長期滞在のメリット

新しい生活スタイルのひとつとして注目されているホテルでの長期滞在。家具や家電を準備しなくても住まいを確保できる手軽さが魅力ですが、そのほかにはどのようなメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

・敷金・礼金が不要

賃貸物件を借りる場合に発生する敷金や礼金などが不要なため、初期費用を抑えて住まいを確保することができます。

・駅チカや近隣の施設が充実しているケースが多い

賃貸物件の場合、利便性の良い立地は賃料も高くなるのが一般的です。ホテルの長期滞在であれば、駅の近くや生活環境が充実しているケースも多く、同条件の賃貸よりも割安になる可能性があります。

・ホテルのサービスが利用できる

ホテルの場合、清掃はホテル側がしてくれるというのが一般的です。常にきれいな部屋に暮らせるというのは、一人暮らしにとっては大きなメリットのひとつと言えるでしょう。また、ホテルによってはスパやフィットネスの施設が充実しているところもあり、長期滞在することでそうした施設を利用できるのも嬉しいポイントです。

「相鉄フレッサイン」での長期滞在について

相鉄フレッサインは、駅からのアクセスも良く、ビジネスや観光の拠点に大変便利です。感染防止対策も徹底して行っておりますので、安心してご滞在いただけます。

客室はWi-Fi環境が整っているのはもちろんのこと、デスクや空気清浄機を完備しているので、ワークスペースとしてご利用いただけます。また、快適にご滞在いただけるよう、館内にはコインランドリーの設置やフリーアメニティのご用意もございます。

その他、連泊割引プランや長期滞在プランなどをご用意しているホテルもございますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

自分らしく自由に暮らすための選択肢のひとつとして広まりを見せるホテルの長期滞在。ご検討の際には、ぜひ上記の内容を参考にして、自分に合ったホテルを探してみてくださいね。

関連記事
TOP