NEWS / ニュース NEWS / ニュース

2014/03/18
おすすめ

東京観光:屋形船で隅田川を周遊

 浅草屋形船 で隅田川を周遊


さてさて東京観光といえば、屋形船なんてのも素敵ですね。人気の花火大会にはなかなか予約が取れませんが、平日のお昼には比較的スムーズに周遊を楽しめます。

お客様からのお問合せが多い水上観光より本日は屋形船で人気のあみ清さんで観光気分を満喫してきましたブログ担当(サブ)のイシーノです。


URL:http://amisei.com/
住所:東京都台東区駒形2-1-31
アクセス:浅草寺から徒歩15分(駒形橋すぐ。都営浅草線浅草駅A2 徒歩2分)
電話番号:03-3844-1869
営業時間:運行スケジュール参照 http://amisei.com/schedule.html
貸切船コース:平日16名・金土日祝は18名以上で1名/10,500円〜
乗合船コース:2名〜 1名/8,400円で2時間コース 

e0244289_15142087.jpg
e0244289_15214846.jpg

隅田川を屋形船でくるりと巡ってレインボーブリッジや隅田川にかかる16の名橋を眺めながら天ぷら食べ放題&飲み放題で浅草観光。
満員でない場合は当日1時間前まで予約OK!2名から乗り合いで乗船可能です。

e0244289_15243794.jpg


今回は「浅草屋形船 船宿あみ清」をご紹介です。
乗船場は「駒形橋」のすぐ近くにあります。近くに行くと案内版などが用意されていますので、すぐに見つけることができます。


当日満員ではなく、空きがあれば当日の出発1時間前まで予約可能ですので、突然「屋形船に乗りたい!」と思い立っても2名様から乗船することができます。
今回はお昼から出発の乗合船に乗船取材してみました。


e0244289_15242251.jpg

だいたい出発の30分くらい前から乗船可能です。私もちょっと早めに現地に到着したのですが「どうぞ、どうぞ」という事で早速乗船。すでに多くの人が船に乗っていて早速楽しまれています。屋形船に入るとすでに席が決まっており天ぷらやお食事などが温かい出来たてほやほや状態で並べられております。


e0244289_15271510.jpg
e0244289_15274728.jpg

天ぷらは食べ放題。お酒やジュースなどのドリンクも飲み放題です。
テーブルは10席くらいあり、詰めればひとつのテーブルに6〜8人は着席が可能な感じ。船内は想像していたよりも広く、もう皆さんお酒が入っていてかなり賑やかに出来上がっております(まだ出発前)

ちなみにビールなどはピッチャーで無くなりそうな場合は持ってきてくれます。
その他のお酒は船の中央に置いてありますので、自分で好きに作ります。


e0244289_15295522.jpg

さあ出発です。私もすでに出来上がってしまっております。
まずは天ぷらをいただきます。


e0244289_15331440.jpg

う〜ん、海老ですね。
この他にお魚のキスやイカ、椎茸、茄子、ししとう、さつまいもなどあります。
天ぷらはお姉さんがテーブルの天ぷらの減り具合を逐一チェックしてどんどん後から後から追加で持ってきてくれます。「もういらないです」というまでエンドレスに続きます。まさに食べ放題。

イモの天ぷらを沢山食べてしまうと海老が食べられないので、海老狙いなのであればイモ系は控えたほうがいいかも知れません。


なるほど、食べ放題だけに緻密な計画が求められます。


e0244289_15374386.jpg

はい、お次どうぞってお姉さんが笑顔でどんどん持ってきてくれます。

お寿司も食べなければならない。天ぷらも食べる。お酒もノンストップ。

ちょっと休憩で、乾き物のお菓子やクラッカー、人形焼きもいただきます。デザートはミカンで仕上げます。


ほぼ往路は景色そっちのけです。



屋形船の往路も終わり、復路に差し掛かった時にはもうお腹いっぱいです。
私はもうお腹もお酒もいっぱいで、あまり記憶がありませんでしたが、しっかりカメラで撮影はしていたようです。



i=http%3A%2F%2Fpds2.exblog.jp%2Fpds%2F1%2F201112%2F11%2F89%2Fe0244289_1538524.jpg
e0244289_15442737.jpg
e0244289_15445254.jpg
e0244289_1545816.jpg
e0244289_15453941.jpg
e0244289_15455781.jpg

東京タワーさんです。良く見ると当ホテルがちらりと見えます。


さて、そんなこんなで2時間が経過しそろそろ到着です。


e0244289_15564250.jpg

到着が近づく頃に「どうぞお菓子はお持ち帰りください」とのご案内。
クラッカーやお菓子系の乾き物はお持ち帰り可能。天ぷら、お寿司はNGです。
私のテープルはお菓子もすべて食べてしまって草の根一本も残っていません。

今回「あみ清」さんの乗合船に乗って気付いたポイントとしては


持って帰られるものは持って帰る。
持って帰られないものはお腹に入れて帰る。

なるほど極意に近づきました。
今度はぜひ景色も堪能したいと思います!

当ホテルに御宿泊の際には是非、ご参考に水上バスでの観光は如何でしょうか
大人気新作プランのご予約はこちらをクリックください♪






TOP