NEWS / ニュース NEWS / ニュース

2014/12/14
周辺情報

ぶらりグルメ:すき焼きの名店「ちんや」さん

e0244289_1622280.jpg


すき焼き・ちんや

住所:台東区浅草1−3−4
アクセス:当ホテルから徒歩7分 雷門通り沿い
電話番号:03-3841-0010
営業時間:平日12時〜14:30 夜16:30〜21:30 土日11:30〜21時
定休日:火曜日、元旦


e0244289_163032.jpg


創業は130年のすき焼きの名店「ちんや」さん。店名は可愛いですが高級感溢れる老舗の名店です。なかなかこのようなお店には入る機会が少ないと危機感を感じた私はお客様に美味しいお食事処をご案内するのだ!という使命感にかられ、勢いで入店!


店に入るやいなや、和服(着物?)を着たとても綺麗な方が番頭から出てこられて「お履きもの」お預かりします。とのこと。


とても丁寧に対応して下さり、待合室で待つこと2分。それではご案内いたしますとエレベーターで5階へ・・・。
緊張はピークに達した所でお部屋に案内「馬道」から「花川戸」へ、案内された部屋(個室)は「花川戸」です。
浅草駅を降りて散策していた所は馬道通りの道を挟んで向かいの地名が「花川戸」でした。なるほど、この個室の名前はそれぞれ浅草の地域名の由来で付けている模様です。
「花川戸」は畳の個室でした。ドラマなどでたまに見かける政治家の方が旨い酒を飲む・・・ような、高級感に溢れた個室です。朱色のテーブルに壁には個室には歌川芳虎の「英吉利人」(イギリスじん)の絵が飾ってありました。


e0244289_1633972.jpg


e0244289_1634926.jpg


さて今回はランチタイムに来ましたので、すき焼きを2人前注文。1人前4,300円。小盛りは3,800円です。小盛りというのはご飯とお肉がやや少なめという事で、女性の方がよく注文するとのことです。当ホテルの素敵系スタッフと一緒に入店したので、各自1人前ずつ注文しました。


先付けは「酢の物」。菊の花が入っていて上品な酸味。ここでまず感動してしまいます。
続いて野菜やお肉が運ばれてきて、ご飯も出てきました。ちなみにご飯のセットがこちら。佃煮は牛肉時雨です。これまた絶品。

e0244289_164757.jpg


すき焼きの作り方は、関東流、関西流をあわせたオリジナルの「ちんや流」。まず鉄鍋に牛脂を軽く引き、千住葱を焼き香ばしい香りが食欲をかき立てます。そこで一気に割り下を流し込み、肉を2枚、野菜を少々、「さあ、どうぞ」と担当の係の方がすべて作ってくださいます。
1枚ほおばり「旨い」。

e0244289_1642683.jpg
e0244289_1644663.jpg
さて夜のメニューはしゃぶしゃぶ、すき焼き各コース5,500円〜15,000円程度、お土産の牛肉の折詰めや佃煮なんかも人気みたいです。ここの素晴らしさは厳選された極上の素材の良さから伝統の匠の技や秘伝の割り下もさることながら、何より「接客応対」が素晴らしいのです。手際の良さ、心配りに大満足!!


胃袋を満たし、「明日からは節約しよう、そうしよう...」と心に誓う副支配人でございます。

引続き、当ホテルを宜しくお願い申し上げます。
相鉄フレッサイン浜松町大門 副支配人

TOP